ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自宅で毎日チェック!分子レベルで健康データを分析するミニボックス型ツール

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4月に入り、新生活がスタートした人もいるかもしれない。毎日の健康管理は生活の基本だが、なかなか自分の体調に気づきにくいこともある。それなら、分子レベルで日々の健康をモニターできる、「Cue」のようなツールが役立ってくれそうだ。

・5つの健康データをモニター

小型のボックス型ツールで、サンプルを分析し、さまざまな健康に関わるデータを測定する。Bluetooth通信機能を保有しており、Qiワイヤレス給電でデバイスの充電が可能だ。測定できる健康データは、“炎症”“ビタミンD”“生殖力”“インフルエンザ”“テストステロン(男性ホルモンの一種)”の5つだ。

・採取サンプルを入れて数分待つだけ

「Cue」の使い方はいたってシンプル。ユーザーはまず、血液、唾液、あるいは鼻の分泌物を少量採取する。そして、ボックスの中にカートリッジを設置し、採取サンプルを挿入して待つだけ。すると数分後には、専用のアプリを通じて、ユーザーのスマートフォンに結果をお知らせしてくれる。

・結果はグラフィック化して見やすく

分析データは見やすくグラフィック化して表示してくれるので、一目で状態を把握できる。さらに、通常値と比較して異なる結果が出た場合には、食生活やライフスタイルのアドバイスもしてくれるという。

・プレオーダー受付中

「Cue」は予価199ドルでプレオーダーを受付中。比較的リーズナブルな価格で、自身の健康について自己診断、自己管理するサポートをしてくれる「Cue」は、日常生活の中で体調を長く見守ってくれる、かかりつけ医のような存在といえそうだ。

Cue

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP