体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ひと先試食】日本三大うどんから国産ブランド牛まで! 素材にこだわったジョサナンの新メニューを試食してみた

DSC00397

ファミリーレストランのジョナサンは、4月16日から『ニッポン、ジョナサン、ごちそうさん。』フェアを開催します。日本各地のこだわり食材を楽しめる新メニュー5品を試食してきました。

※全ての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/916059

古来から伝承された製法でつくられる稲庭うどん

スクリーンショット 2015-04-15 23.27.05 スクリーンショット 2015-04-15 23.27.12

秋田の“無限堂”に約350年伝わるといわれている“手綯い(てない)製法”では、職人の手で一本一本麺を伸ばしていくんだとか。そんな無限堂の全面協力による秋田名物稲庭うどんを、ファミリーレストランで味わうことができます。

DSC00389 DSC00399

・秋田無限堂 稲庭うどん 比内地鶏のつけ汁仕立て&しらすの2色丼 1199円(税抜き)
ジョナサンのメニューでの登場は2年ぶりという稲庭うどんですが、今年は愛媛県産のしらすをのせたボリューミーなセットとして登場。ついている麺つゆは、ねりごまの香りと生姜のきいた味噌つゆで細い麺によく絡みます。稲庭うどん初体験の筆者ですが、独特ののどごしと強いコシは他の麺では例えることができないおいしさ。つゆの中に入っている比内地鶏も味噌のコクが染みわたっています。

DSC00387

・秋田無限堂 稲庭うどんのしさ薫るジェノベーゼ 899円(税抜き)
こちらは、女性におすすめのうどんとジェノベーゼを斬新に組み合わせた稲庭うどんの冷製パスタ風。野菜がたっぷり入っているのも嬉しい。緑色の麺はバジルではなく、シソペーストを用いた和風味付けがうどんの食感や味わいを引き立てます。

DSC00414 DSC00415

また、同時期に登場する和風デザートと一緒にオーダーするのもおすすめです。

1 2次のページ
mochimiの記事一覧をみる

記者:

ディズニーツムツム大好き!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。