ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コルグのエイプリルフールネタが実現 新製品「チューナー缶」が話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

株式会社コルグより、ユニークな缶入りパッケージのギター/ベース用クリップ・チューナー「チューナー缶(Canned Tuner)」が2015年6月下旬に販売される。同製品はコルグ・チューナーの誕生40周年を記念した限定販売品。

同社は今年4月1日に、Facebook上にて『缶入りギター/ベース・チューナー「チューナー缶」(愛称:チュナ缶)を発表いたします。』と投稿。エイプリルフールのジョークとして話題を呼んでいたが、昨日8日、実際に製品として販売されることが発表された。その直後からチューナー缶は数多くのメディアに取り上げられ、SNS上では、その“ツナ缶”すぎるデザイン、コルグによるまさかのダジャレが好評を博している。

今回販売されるチューナー缶は全部で4種類。未来的なデザインの3Dビジュアル・メーターが特徴の「Sledgehammer Pro」と、おしゃれな2トーン・カラーかつシンプルで使いやすい「Pitchclip」が色別で3種ラインナップされている。市場予想価格は、Sledgehammer Proが入った「SH-PRO-CAN」が3,700円前後。Pitchclipが入った「PC-1-CAN」が各色1,000円前後となっている。

すべてのチューナーは缶詰に入っており、プルトップの蓋を開けることで取り出しが可能。まさに本格ツナ缶仕様となっている。さらに蓋を開けたあとも、缶はチューナーを保護する容器として使用できるという。プレゼントにも最適な一品となりそうだ。ぜひ購入を検討してみてはいかがだろうか? (鶯巣大介)

・チューナー缶 詳細
http://www.korg.com/jp/products/tuners/canned_tuner/

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP