ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia用のアップデートチェックツール「XperiFirm」はv4.xでどのフォルダからでも起動可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Xperia 用の最新ファームウェアビルドをチェックしたり、生の更新ファイルをダウンロードできる PC ツール「XperiFirm」が v4.2 にアップデートされました。今回のアップデートは一部の PC でうまく動作しない問題を修正しただけで、新機能はありません。しかし、4 月になって XperiFirm は v4.x にバージョンアップされており、Java の実行環境を必要としない仕様に変わったことから、従来の v3.x だと一部の端末でファームウェア情報をダウンロードできなくなっています。未だに 3.x を利用している場合は最新版(現行は v4.2)にアップデートすることをおすすめします。v4.x では実行方法が変更されたことで、FlashTool と同じフォルダにプログラムを保存する必要がなくなったので、どのフォルダからでも起動できます。また、アプリのファイルサイズが 300KB ほどに減少し、Linux / Mac OS Xへの対応も改善されました。Source : XDA Developers


(juggly.cn)記事関連リンク
Huawei P8 / P8 Liteのレンダリング画像が流出
Twitterクライアントの「TwitPane」が早速新方式の「引用ツイート」に対応
NTTドコモ、Samsungの最新フラッグシップ「Galaxy S6 SC-05G」と「Galaxy S6 edge SC-04G」を発表、4月23日に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP