ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『殺人の追憶』のスタッフが仕掛ける、事件を基にしたサスペンス大作

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『殺人の追憶』、『グエムル 漢江の怪物』の監督で知られるポン・ジュノが、初プロデュースを果たしたサスペンス映画『海にかかる霧』が、まもなく公開。

不況にあえぐ漁村の漁船・チョンジン号。今日も一発逆転の大漁を狙って出航するが、叶わない。切羽詰まった船長は、中国からの不法移民の密入国を手伝うという闇ルートの仕事に手を出してしまう。沖合で密航船と合流し、密航者たちを乗り換えさせて陸まで運ぶという簡単な仕事に思えた計画だったが、思いもよらない事態へと発展していく――。

2001年に起こった「テチャン号事件」を題材にした舞台『海霧(ヘム)』を映画化した本作。原作に魅了されたポン・ジュノが、『殺人の追憶』の脚本家であり、信頼を寄せるシム・ソンボを監督に抜擢し、今回の映画化に至った。日本でも注目を集めるJYJのユチョンが映画初出演を果たしたことでも、話題を呼んでいる。公開は、4月17日から!

海にかかる霧
監督:シム・ソンボ
脚本:シム・ソンボ、ポン・ジュノ
出演:キム・ユンソク、パク・ユチョン、ハン・イェリ、イ・ヒジュン、ムン・ソングン ほか
(2014年/韓国)
4月17日(金)より、TOHOシネマズ新宿ほか全国順次ロードショー
(c)2014 NEXT ENTERTAINMENT WORLD Inc. & HAEMOO Co., Ltd. All Rights Reserved.
http://www.umikiri-movie.com/index.html

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP