体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

KDDIの電子書籍サービス『LISMO Book Store』が12月25日スタート 専用端末は関西・沖縄地域から順次発売へ

KDDIの電子書籍サービス『LISMO Book Store』が12月25日スタート 専用端末は関西・沖縄地域から順次発売へ

KDDIは、電子書籍配信サービス『LISMO Book Store』を12月25日に開始することを発表しました。専用端末『biblio Leaf SP02』向けに開始し、2011年4月にはスマートフォン向けにも提供を予定。専用端末はサービス開始当日に関西・沖縄地区で発売し、以降順次発売していきます。

携帯電話向け電子書籍の不満を解消

12月21日に開催された発表会では、同社グループ戦略統括本部 グループ戦略統括本部 新規ビジネス推進本部の雨宮俊武氏がサービスの概要を発表。国内の電子書籍市場は携帯電話向けを中心に規模を拡大している一方、携帯電話ではユーザーに「画面が小さい」「バッテリーがすぐ切れる」「目が疲れる」という不満があり、同社が発売する『biblio Leaf SP02』は携帯性を持たせたまま専用端末化したことによりこの不満を解消するとコンセプトを明らかにしました。

『biblio Leaf SP02』は、6インチの電子ペーパーディスプレーを搭載。目が疲れにくく、1回の充電で約50冊程度、1万3000ページの長時間使用を実現しています。本体メモリーは2GBで、約3000冊程度の書籍を保存可能。月額使用料は2年契約で525円、通常契約の場合1575円(いずれも税込み)の定額でサービスを提供します。本体はオープン価格で、予想される価格は「1万円半ばでは」(雨宮氏)とのこと。ほかに新規契約の事務手数料が2835円(税込み)かかります。12月25日のサービス開始当日に発売するのは関西、沖縄地区のみで、関東地区では1月上旬ごろ発売の見込み。

『LISMO Book Store』は、ブックリスタが提供する2万冊をラインアップし、2011年度中には約10万冊に拡大していく予定。パソコンを経由することなく、端末から書籍を購入、ダウンロードできます。書籍ラインアップは小説、ビジネス書、実用書など文字コンテンツ主体のものが中心。『青空文庫』の無料書籍2000冊も併せて配信されます。書籍の価格は100円から2000円程度までとのことで、auユーザーは支払いにキャリア決済『auかんたん決済』を利用可能。購入代金の3%をポイントバックするポイントプログラムも実施します。ユーザーレビューや試し読み、作家名や作品名、ジャンルなどによる検索といったサービスも提供予定。2011年4月にはauのスマートフォン『ISシリーズ』向けにもサービスを展開します。

明るい場所でも見やすい電子ペーパーディスプレー

タッチ&トライコーナーで実機を触ってみました。太陽光をイメージしたライトの下での展示では、スマートフォンのタッチパネルと比べて屋外で見やすいことが実演されていました。ちなみに、本体にはソーラーパネルが搭載されており、明るい場所での電力消費を抑えています。

文字サイズは調整可能

ボタン操作により、文字の拡大・縮小も可能。ユーザーの読みやすさに応じて調整できます。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会