体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

LGエレクトロニクス『34UC87M-B』レビュー 34インチ・曲面・21:9ウルトラワイドのデュアルモニターでゲームや動画に没入

LGエレクトロニクス『34UC87M-B』レビュー 34インチ・曲面・21:9ウルトラワイドのデュアルモニターでゲームや動画に没入

LGエレクトロニクスが4月上旬に発売する液晶モニター『34UC87M-B』のレビューをお届けします。34インチ、21:9のウルトラワイドで曲面型のパネルを搭載する同製品を、単体だけでなくデュアルモニタ―にして使用、ハンパない臨場感と没入感を体験してみました。

3440×1440ドットのド迫力

34UC87M-B

21:9という画面の比率は、シネスコサイズと呼ばれる2.35:1の映画スクリーンに近い比率。この横長の画面を曲面のディスプレーで見ることにより、実際の視界に似た臨場感が楽しめるほか、首を左右に振らずに視聴でき、目のピント合わせの負担が少ないのが特徴です。

34UC87M-B

本体を上から見ると、そのカーブっぷりがよく分かります。でも正面に座ると、それほど違和感を感じないのが不思議。

34UC87M-B

34インチの『34UC87M-B』は、3440×1440ドットという大画面。目の前に広がる画面の存在感に圧倒されます。PCゲームをプレイすると、解像度設定が対応するものでは画面が横に広くなり、視野が広がったような印象に。

34UC87M-B 34UC87M-B

本体の縁は薄型で、画面の縁は上に9.5mm、横は10.5mmと狭額縁の“CINEMA SCREEN”モデル。画面が目の前に浮いているように見え、より没入感が得られます。

34UC87M-B

ゲームをプレイしながらブラウザで調べものをしたり『Twitter』で実況する場合には、ゲーム側はフルサイズで表示しながらブラウザを並べて表示、効率よく作業できます。

2画面ゲームや『YouTube』の360°動画を楽しむ

34UC87M-B

この横長の大画面を楽しむにはどんなコンテンツがいいのか考えてみたところ、ちょうどよいPCゲームがありました。2画面でプレイすることを前提に作られた『SUPER CHAIN CRUSHER HORIZON』(Mindware)というゲーム。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。