体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【グランド ハイアット 東京】サイズも味も全てが予想以上! 名物高級ハンバーガー『オーク ドア バーガー』に限定サイズが登場!【ひと先試食】

グランドハイアット

ファストフード店のハンバーガーとはひと味違う“グルメハンバーガー”に注目が集まる近年。六本木ヒルズ内のラグジュアリーホテル『グランド ハイアット 東京』のステーキハウス『オーク ドア』では、その名の通りオーク(樫)を使った400°Cのオーブンで焼き上げる『オーク ドア バーガー』が人気です。普段は直径8.5cmのスモールサイズと直径11cmのレギュラーサイズの2サイズで提供している『オーク ドア バーガー』ですが、2015年4月1日からは新たに2サイズが期間限定で仲間入り! 直径20cmと迫力満点のジャイアントサイズと、直径6cmと可愛らしいスライダーサイズを楽しむことができます。また、世界各国の食材を使った変わり種バーガーなども同時に限定登場。今回はひと足お先に一部メニューを食べることができたので、その様子をレポートします!

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/887662

グランド ハイアット 東京(オーク ドア)

グランドハイアット

『グランド ハイアット 東京』6階に位置するステーキハウス『オーク ドア』。

グランドハイアット

入り口にはこの時期ならではの桜が。室内に居ながらお花見気分が楽しめちゃいます。

グランドハイアット

天井が高く、開放感のある空間です。

グランドハイアット

入ってすぐ右にはカジュアルな雰囲気のバーも併設。六本木ヒルズ直結なので、買い物帰りにふらっと立ち寄ったり、ちょっとした待ち合わせにも使えそう! 

グランドハイアット東京

『オーク ドア』で何といっても注目したいのは、その名の通りオーク(樫)を使った400°Cのウッドバーニングオーブン。高温調理で一気に仕上げるため、素材の味を最大限に引き出します。

グランドハイアット

客席からよく見えるオープンキッチンになっているので、シェフたちの料理場面はもはや立派なショーと言えるでしょう! 

グランドハイアット

イケメンシェフが腕をふるう姿にドキドキ。

グランドハイアット グランドハイアット

視覚的にも楽しめるので、料理を待っている時間だってあっという間です。

グランドハイアット

初の『オーク ドア バーガー』実食のために、朝ご飯は抜いてきました。気合い十分! さあ、いつでもいらっしゃい!

グランドハイアット

「お待たせしました! 」とはじけるスマイルで現れたのは『オーク ドア』料理長のアダムさん。料理中のキリッとした真面目な表情から一変、こんな表情を見せてくれるなんて……! と、思わずそちらに視線が行ってしまいましたが、見てくださいこの『オーク ドア バーガー』。大きいだけのハンバーガーは正直今までにも見たことありましたが、これは大きい上に、とにかくものすごく美味しそうなんです。

1 2次のページ
しゃむの記事一覧をみる
しゃむ

記者:

食いしん坊万歳!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。