ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Huluのショート版!?新登場の動画プラットフォームVessel はYouTubeより72時間早く観られる!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ブロードバンドが普及し、多くの人がPCやタブレット、スマートフォンなどの端末で動画を楽しむ時代になった。それに伴い、動画プラットフォームも増え続けている。

世界中にユーザーがいるYouTubeや、映画やドラマが月額制で見放題のHuluなどが代表的な存在だろう。そして、このほど登場したのはショートコンテンツを扱う「Vessel」。YouTubeより72時間早くコンテンツを観ることができるというのが最大の売りだ。

・1〜10分のショート動画専門

Vesselが扱うのは1〜10分の動画で、内容は個人が投稿した動画や、ニュース、ミュージックビデオなど。いずれもYouTubeより早くアップされるという。

YouTubeに先駆けた投稿・公開の仕組みを支えるのが、購読料と広告収入からコンテンツ提供者に支払われる“インセンティブ料金”。この額はYouTubeを上回り、コンテンツ提供者にとってVesselに投稿する方が“おいしい”というわけだ。

・魅力あるコンテンツでユーザー獲得

ただ、視聴者がこのサービスを利用するには月2.99ドル払う必要がある。72時間早く観るために誰がお金を払うだろうか、と思う読者もいると思う。

この点について、Vessel創業者のJason Kilar氏は魅力あるコンテンツを集めることでユーザーを獲得でき、ビジネスとして成り立つと自信を見せている。

というのも、Kilar氏の前職はHuluのCEOで、人気ドラマの先駆け放映が人気を集めた経験があるからだ。まさに、今回のVesselは、Huluのショートコンテンツ版といってもいいだろう。

Vesselは今年はじめにベータ版を開始し、このほどウェブとiOSデバイスで利用できるようになった。初月は無料で楽しむことができる。

Vessel

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP