体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“話を聞かない夫”に“話”を聞いてもらうのに大事な5つのこと

Casual Thoughts

今回はktdiskさんのブログ『Casual Thoughts』からご寄稿いただきました。

“話を聞かない夫”に“話”を聞いてもらうのに大事な5つのこと
なんてタイトルをつけるといかにも自分自身が“話を聞く夫”かのようだが、私はどちらかというと“話を聞かない夫”の部類にはいる。“聞かない”というより、納得感が一定以上に達しないと“話”として知覚できないというほうが正確な表現ではあるが、世の女性からすれば、それを“話を聞かない”というのだ、といったところだろう。

そんな私が、先日『マドレボニータ』という子育ての導入期の女性の心身のサポートをしているNPOの方からインタビューをせん越ながらうけ、家事・育児に対して協力的でない夫に“話”を聞いてもらうにはどうしたらよいと思うか、というような質問に対して、あれやこれや答えた。「自分のことは棚にあげて何を……」という苦笑が聞こえてきそうだが、“話を聞かない夫”だからこそ、上記の問いに対して参考になる助言ができるというのも事実と思う。

このエントリーでは、知覚できなかった“話”を知覚するに至った私の数少ない経験を総動員しながら、 また先日参加したセミナー *1 でのことを思い起こしながら、“話を聞かない夫”に“話”を聞いてもらうのに、私が大事と思う5つのことを紹介したい。

−話を聞かない夫に話を聞いてもらうのに大事な5つのこと。
1.タイミングを選ぶ
2.協力・努力に感謝する
3.感情をぶちまけない
4.事実を基に理解を求める
5.責めない、追い込まない、そして安心させる

1.タイミングを選ぶ
自分はしばらく一人で出かけることもできないでいるのに、旦那が呑気に酔っぱらって帰ってきたらあまりいい気分でなく一言言いたくなるのは理解できる。また、旦那の仕事が忙しく、朝早く出て、帰宅は深夜、休日は寝てばかりなので、平日の夜に帰宅してきたときくらいしか話ができないというのもわかる。

だが、夫が酔っぱらっているときやへとへとに疲れているときは、話をするに適切なタイミングではない。前者の場合は口論になって終わり、後者の場合は聞き流されて終わり、いずれにしても何も解決には到らない。

相手の話の聞く許容度が一番高いタイミングを選ばなければ、“話を聞かない夫”はまず妻の“話”を知覚できない。私の場合は、子どもを両親に預け、二人で外で旨い料理と酒を楽しんでいるときやドライブにでかけた帰りに子どもがぐっすり寝てしまったときとかは結構落ち着いて話を聞くことができる。タイミングは人それぞれとは思うが、許容度のあがるタイミングを見つけ、その時間を作り出すことが“話”を聞かせる第一歩と思う。

2.協力・努力に感謝する
*********
説得とは、相手に行動を起こさせるコミュニケーションの機能である。行動の前提にはわかったという了解、すなわちイエスが必要になる。そこで、人を説得するには、何よりもまず、相手からイエスを獲得しなければならない
*********
『必ずYESといわせる説得のコツ』 福田健著 日本実業出版社 「説得に成功する原則」 P16〜から引用。
http://www.njg.co.jp/kensaku_shousai.php?isbn=ISBN978-4-534-04682-6

話の導入は、相手がYESということから始めるというのは交渉術の基礎の基礎だ。相手に対する不満、要望をいきなりぶちまけ、相手がNOから入ったら、話は絶対にまとまらないし、関係がより悪化しYESが遠のくだけである。だから、まずは夫がYESと自分の言っていることに同意する話題から始めるのが得策だ。

*********
このように、まず相手をほめておくのは、歯科医がまず局部麻酔をするのによく似ている。もちろん、あとでガリガリやられるが、麻酔はその痛みを消してくれる。
*********
『人を動かす 新装版』 D・カーネギー著/山口博訳 創元社 「まずほめる」 P274〜より引用。
http://www.sogensha.co.jp/booklist.php?act=details&ISBN_5=10051

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。