ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Char、還暦の節目に十二支をテーマにしたニューアルバムをリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Charは今年の6月16日に還暦を迎える。はじめてギターを手にしてから約半世紀、正式デビューから約40年。この間、さまざまなバンドやレコーディングに取り組み、数多くの伝説を残してきた、文字どおり日本を代表するアーティストが、この節目にニューアルバムをリリースする。

「ROCK十」と題されたこのアニヴァーサリー・アルバムの最大の特徴は、幅広い世代の12人の大物アーティストと向きあう形で完成を目指したというもの。

ギタリスト、ソングライター、ヴォーカリストとしての、その長い活動をつうじてCharは、何度か、周囲の人たちから距離を置き、自らを見つめ直すことがあったという。だが、ともかく、音楽=ロックの中心人物の一人として歩みつづけ、間もなく満60年となるその人生は、干支一回り12年の繰り返しだとみることもできるだろう。英語圏ではDecade(10年)という区切りが一般的だが、Dozen(12個)という概念もあり、12はまた、音階やギターのフレットともつながる、重要な数字だ。

アルバム『ROCK十』は、その干支や12という数字をキーワードにつくり上げられていく。具体的には、Charがこれまでに関わってきたアーティストのなかから、それぞれの干支に一人という条件で12人を選び、曲づくりを依頼する。その際、内容に関するリクエストや相談は基本的になし。そして、詞・曲はもちろん、アレンジやサウンドの方向性、録音スタイル、スタジオ選びなど、プロデュース全般も、彼らに委ねる。

参加するアーティストは、泉谷しげる、佐橋佳幸、布袋寅泰、ムッシュかまやつ、石田長生、奥田民生、松任谷由実、佐藤タイジ、JESSE、福山雅治、宮藤官九郎、山崎まさよしといった錚々たる面々が揃っている。

6月15日には、『ROCK十』収録曲を中心にした記念コンサートも日本武道館で行なわれる予定で、こちらにも期待が高まる。

文:大友 博

アルバム『ROCK十』(ロック・プラス)
2015年5月22日(金)発売
ZRRP-R10/¥3,000(税抜)
<楽曲提供・プロデュース>
子 泉谷しげる
丑 佐橋佳幸
寅 布袋寅泰
卯 ムッシュかまやつ
辰 石田長生
巳 奥田民生
午 松任谷由実
未 佐藤タイジ
申 JESSE
酉 福山雅治
戌 宮藤官九郎
亥 山崎まさよし

『 ̶The 六十th Anniv- “ROCK 十” CHAR LIVE IN 日本武道館』
6月15日(月) 日本武道館

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
アルバム『ROCK十』特設サイト
福山雅治、デビュー25周年当日に伝説のインターネット配信番組が復活

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP