体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

松屋銀座で手塚治虫「ユニコ」の複製原画を見てきました

CAcy9jeUcAA2w2J

銀座でユニコ!!!

3月27日(金)、手塚治虫の「ユニコ」オールカラー版がリトルモアより刊行される。価格は上・下巻各1620円(税込)。

店頭ではなく、LittleMoreWEBで上下刊一括で購入するとピンナップポスターがもらえる。松屋銀座のtabモールでは限定バッグつき2700円(税込)のセットも販売されている。また特装版も今後発売される予定で、上・下巻セットの箱入りで6480円(予価/税込)。

すでに銀座松屋2階では3月18日(水)より先行発売中と聞いて、早速向かってみた。どの窓口からどのタイミングでどれを手に入れるかはお好みによることを、予めご承知おきいただきたい。筆者は大人。そして貧乏。あとユニコが好き。おまけはいいから早くそれを安く手に入れたいし、「6000円あれば上下巻が2冊ずつ買えるよね?」という貧困な発想のもと銀座に向かった。

松屋銀座では2015年3月18日(水)〜3月31日(火)の期間中、『GINZA FASHION WEEK』を開催。松屋銀座、銀座三越、プランタン銀座による共同イベントで今回が8回目。松屋銀座では特に『ニホンノココロ ~SAKURA~』をテーマとしており、清川あさみの手がけた「桜の花」モチーフと手塚治虫「ユニコ」のコラボレーション・ビジュアルを展開している。

CAczAzcUQAA3IVn

銀座線から松屋銀座に直結のA12番方面への柱。すでにユニコが待機してくれているではないか。こちらが全裸待機の心持だったのを逆に全裸で待機してくれているユニコ。なんて心優しい生き物。また通路のショーウインドウも既にユニコ仕様。店内も柱がユニコにラッピングされており愛らしい雰囲気だ。

1階正面口・京橋口ほかでは「ユニコ」の『オリジナルチャリティピンバッジ』が販売されている。全2種300円(税込/なくなり次第終了)。受付の女性が直接販売してくださるのだが、1000円を差し出したところ、おもむろに「チャリティ」と手書きの紙の貼り付けられたビニールケースを取り出しつり銭を探り出してくれた。しかもおつりが足りないので少々お待ちくださいと言われ、束の間待たされた。大変そうだ。何だろう、この文化祭感。そもそも受付でチャリティグッズの販売をすること自体が珍しいのかもしれない。あくまでも推測だが。

CAcyNE-UMAAJrJD

実はこのグッズ、至るところに点在しているようでエスカレーター脇などでも無人販売されている。フロア内は店ごとに店員がいるものの、特に見回る人もいない。中央区銀座で野菜を売るような感覚でそんな無防備な…と思いはしたのだが、だからこそ大丈夫なのかもしれない。
2階プラダ前特設スペースに向かう。メインイベントはそこからだった。実はこの時点ではコラボしたマカロンが売っているという程度の情報しか得ていなかった。しかし中央特設スペースにはなんと複製原画の展示がされていたのだ。

手塚治虫×サンリオ=ユニコ

ここで改めて「ユニコ」について解説しておこう。

手塚治虫による「ユニコ」の連載期間は1976年~1979年。掲載雑誌は漫画雑誌「リリカ」。発行はサンリオ。当時のサンリオはキャラクターグッズのみならず良質な本の出版、映画の製作にも力を入れていた。
「リリカ」はもともと英語版出版が想定されていた。そのため、オールカラーで左開き、文字入れも横文字組で版型も変形という従来の少女漫画とはあらゆる意味で異色の存在だった。手塚を筆頭とする豪華な執筆陣に支えられてスタートを切ったものの、次第にクオリティの維持が難しくなりオールカラーから二色刷りへと移行。そして廃刊に至る。

しかし「ユニコ」人気は衰えず1980年~1984年の間は小学館の「小学一年生」でリメイク連載。また二回に渡り映画化されている。1981年には第一作「ユニコ」が、1983年には第二作「ユニコ 魔法の島へ」が公開。筆者は幼い頃にこの映画をブラウン管のテレビで見た。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。