ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

巨大なパックマンやドンキーコングが地球を侵略 映画『ピクセル』で新時代の“8bit表現”を目撃せよ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


パックマン、ドンキーコング、ギャラガ、スペースインベーダーなど、80年代に全世界で“ピコピコ”とプレイされていた大人気ゲームのキャラたちが巨大化して地球を侵略。触れたもの、攻撃したものすべてを“カクカク”とブロック状にピクセル化させる彼らに立ち向かうのは、最強の元ゲームオタクたち! ――そんなプロットを聞いただけで「5億点!」と叫びたくなる仰天企画が、なんと映画化されちゃいます。

今から30数年前、NASAが宇宙人との交流を夢見て人間の存在を深く知ってもらおうと、地球の紹介映像を宇宙に向けて発信。その中には、当時大流行していたゲームの映像も。ところが受信した宇宙人は、それを友好のメッセージではなく挑戦状ととらえてしまい……。彼らは地球人が発信したゲームキャラクターに扮(ふん)し、現代の地球を侵略しにやってきたのです。

巨大ギャラガがワシントンDCの空に現れ、ニューヨークではパックマンが大暴れ! 夜空にうごめく大量のセンチピードを捕えようと、アメリカ軍隊が必死の銃撃戦を繰り広げますが、全く歯が立たちません……。そんな彼らの弱点を唯一見抜けるのは、80年代当時にゲームチャンピオンの名を欲しいままにし、ゲームの攻略方法を知り尽くした凄腕ゲーマーたち。一体どんな方法で地球を救うのか、本当に救えるのか、結末が楽しみすぎます。

映画『ピクセル』予告編(YouTube)
http://youtu.be/g0BrvcWQTcc

そんな映画『ピクセル』の予告編が本日解禁となり、その中では最新の映像技術を駆使した“8bit表現”がさく裂。なつかしのゲーム音にあわせて日本が誇るゲームキャラクターたち集結し、街や人やクルマを次々とピクセル化。最後にはドンキーコングのステージにリアルに挑戦しています。異なるゲーム会社のキャラたちが同じ空間に同居するとは、企画を成立させた優秀すぎる担当者、グッジョブです!

メガホンを務めるのは、『ハリー・ポッター』シリーズのクリス・コロンバス。日本では、9月19日(土)より公開となります。かつて初めてファミコンを手に入れた時のように、もうワクワクが止まらない!

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP