体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

YouTube動画で様々な情報をカードスタイルのUIで表示可能に

YouTube が動画の中で注釈を記したり、WEB サイトや再生リストを紹介するのに長年使われてきたアノテーション機能を進化させた「Cards」機能を提供しました。YouTube のカード機能は画面上にカードスタイルの枠で様々な情報を追加できる機能です。通常は閉じられており、「i」マーク付近をクリックすると表示されます。カード機能は動画エディタの「カード」セクションで利用でき、商品や募金、ビデオ、再生リスト、関連ウェブサイト、ファンファンディングといったタイプ別テンプレートを利用して作成することができます。種類によっては直接操作することもできます。YouTube のカードは WEB サイト版だけではなく、Android / iOS 向けのモバイルアプリにも既に表示されるようになっています。YouTube のカード機能に対応した動画です。画面右上の「i」マーク付近をクリック・タップすると情報が表示されます。Source : YouTube Creators Blog


(juggly.cn)記事関連リンク
Motorolaのギャラリーアプリ「Motorola ギャラリー」がバージョンアップ、アプリアイコンが新デザインになり、カメラロールのイベント別グループ化にも対応
HTC、3月18日に米国で重大発表を予定
Cyanogen、新ロゴを使ったCyanogen OS用の新ブートアニメーションを公開

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。