ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カントリーマアム・ミルキー・ルックがほろ苦仕立てに!!不二家の人気の商品が“宇治抹茶”仕様で期間限定登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

不二家がカントリーマアム、ミルキー、ルックより、「大茶会」シリーズとして抹茶味の新商品3品を期間限定で3月24日(火)より販売する。

今回登場する新商品には、すべて「京都府産石臼挽き宇治抹茶」を使用し、抹茶の香り高く仕上げた。良質な宇治の茶葉を熱がかかりにくいよう石臼で挽き、素材本来の風味が味わえるようこだわっている。「大茶会」とは、美しい庭園などで催される大規模な茶会のこと。お茶のおいしさを引き立てるお菓子をイメージしたこれらの新作で、より贅沢なひとときが楽しめそう。

まずはご紹介するのは、抹茶の繊細な味わいとチョコチップのハーモニー「カントリーマアム(大茶会)」(税込・324円)。チョコチップと、抹茶風味のチョコチップを包み込んでおり、ほろ苦い石臼挽き宇治抹茶の風味はもちろん、チョコチップの食感や味わいも楽しめる。

上品な抹茶の味わいと香りにこだわった「ミルキー(大茶会)袋」(税込・216円)は、ミルク感を大切にしながらも、抹茶のほろ苦い上品な味わいが楽しめる。Milkyのロゴと抹茶の緑で、“抹茶感”あふれるリッチな見た目のパッケージが目印。

「ルック(大茶会)」(税込・130円)は、伝統的な茶会で供される「濃茶(こいちゃ)」をイメージした「濃茶味」と、「薄茶(うすちゃ)」をイメージした「抹茶味」の2種類のアソート。抹茶の苦味の中にも甘みを感じる濃厚な味わいの濃茶クリームをミルクチョコレートで包み込んだ「濃茶味」と、華やかな香りの抹茶クリームをミルクチョコレートで包み込んだ「抹茶味」の2種類の食べ比べが楽しめる。

「抹茶」をテーマに新しく生まれ変わった定番商品の数々。ほっと一息つきたいときにぴったりの、上品な味わいに仕上がっている。店頭で見かけたら、ぜひ手に取ってみて。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP