体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『七人の侍』の組織論

内田樹の研究室

今回は内田樹さんのブログ『内田樹の研究室』からご寄稿いただきました。

『七人の侍』の組織論
どういうタイプの共同体が歴史の風雪に耐えて生き延びることができるか。これはなかなか興味深い問いである。前に、住宅についてのシンポジウムの席で、“コレクティブ・ハウス*”を実践している人から質問があった。

*:コレクティブ・ハウジングとは、複数の世帯が、1つのダイニングキッチンや庭などを共用し、相互に交流し、支え合う共同生活を営むための住宅。
参考:『コトバンク』
http://kotobank.jp/word/コレクティブ・ハウジング

その人は20世帯くらいで住まいをシェアしている。子どものいる若い夫婦同士はお互いに育児を支援し合って、とても助かるのだが、高齢者の夫婦などはいずれこちらが介護せねばならず、若い人たちは「他人に介護してもらうためにコレクティブ・ハウスに参加したのではないか……」という猜疑(さいぎ)のまなざしで老人たちを見つめている、という話をうかがった。どうすればこの共同体を継続できるのでしょうというおたずねだったので、「残念ながら、そういう共同体は継続できません」とお答えした。

あらゆる共同体では“オーバーアチーブする人”と“アンダーアチーブする人”がいる。必ずいる。

全員が標準的なアチーブメントをする集団などというものは存在しない。存在する意味がないから、“作ろう”と思っても作れない。あらゆる集団はその成員の標準的なアチーブメントに及ばない“マイナーメンバー”を含んでいる。幼児や老人や病人や障害者は集団内では支援を与えることより、支援を受けることの方が多い。けれども、これらの“マイナーメンバー”を支援するときに、「自分は損をしている」というふうに考える人間には共同体に参加する資格がない。

あらゆる人間はかつて幼児であり、いずれ老人になり、高い確率で病人となり、心身に傷を負う。だから、集団のすべての構成員は時間差をともなった“私の変容態”である。それゆえに集団において他者を支援するということは、“そうであった私、そうなるはずの私、そうであったかもしれない私”を支援することに他ならない。

過去の自分、未来の自分、多元宇宙における自分を支援できることを喜びとすること。そのような想像力を用いることのできない人間には共同体を形成することはできない。申し訳ないが、コレクティブ・ハウスというコンセプトはたぶん成功しないだろうと申し上げる。それはそこに参加する人間の“現時点での利便性”にもとづいて選択された共同体だからである。そこには“歴史を貫いて維持しなければならない共同体”の統合軸がない。共同体に蓄積された資産を“次世代への贈り物”であると考えることのできない集団は短期的に崩壊する。

「では、どんな共同体なら生き延びられるのですか?」と重ねて質問があったので、ちょっと考えてから、こうお答えした。
「教育のための共同体、医療や介護のための共同体、それから宗教の共同体くらいでしょうか」

とっさの返事にしては、なかなか適切だったように思う。これら三種の共同体はどれも共通した特徴を持っている。それは“構成員のうち、もっとも非力なもの”を統合の軸にしているということである。教育共同体は若く非力な人々に知識や技芸を伝授し、成熟に導くためのものである。医療共同体は病み、傷ついた人々を支援するためのものである。信仰共同体は隣人を慰め癒すためのものである。そのような共同体だけが永続性を持ちうる。

集団成員のうちの相対的に有力なものに優先的に資源が配分されるような“弱肉強食”共同体は長くは続かない(いずれお互いののど笛をかき切りあうようになる)。集団成員のうちのヴォリュームゾーンである“標準的な能力をもつ成員”の利便を最優先に配慮する“平凡”共同体も、やはり長くは続かない(全員が均質化・規格化して多様性を失ったシステムは環境変化に適応できない)。もっとも耐性の強い共同体とは、“成員中のもっとも弱いもの”を育て、癒し、支援することを目的とする共同体である。そういう共同体がいちばんタフで、いちばんパフォーマンスが高い。

これは私の経験的確信である。

それゆえ、組織はそのパフォーマンスを上げようと思ったら、成員中に“非力なもの”を意図的に組み込み、それを全員が育て、癒し、支援するという力動的なかたちで編成されるべきなのである。その好個の事例が『七人の侍』における勝四郎の果たした役割である。

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。