体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『iPod nano』を腕時計に! 腕時計型シリコンケース全9色のラインナップで発売

Wrist Watch Case for iPod nano


『フォーカルポイントコンピュータは、第6世代『iPod nano』を腕時計として使えるTUNEWEARの腕時計型シリコンケース『Wrist Watch Case for iPod nano』を全9色のラインナップで12月下旬より発売します。同社直販サイト『FOCAL STORE』で現在予約受付中、価格は各1280円(税込み)です。

Wrist Watch Case for iPod nano

『Wrist Watch Case for iPod nano』は、第6世代『iPod nano』を腕時計として使える新しいコンセプトのシリコンケース。ケース中央部に『iPod nano』を装着し、画面を時計表示に切り替えることで腕時計のように『iPod nano』を使えます。また、かばんやベルトなど、さまざまな場所に取り付けてアクセサリー感覚で『iPod nano』を持ち運ぶことも可能。今までとはちょっと違う『iPod nano』とのつきあい方ができそうです。

Wrist Watch Case for iPod nano

本体素材は、ゴミやホコリが付きにくく手触りの滑らかなアンチダストコーティングを施した高品質なシリコンを採用。イヤホンジャックやDockコネクタは、ケースを装着した状態でもアクセスが可能です。音量調整ボタン、スリープ/スリープ解除ボタンは、ケースの上からでもカンタンに操作できるようにデザインされています。

Wrist Watch Case for iPod nano

重さはわずか18g、『iPod nano』を装着しても約40gと超軽量。『iPod nano』の収納部分とベルトの接合部は、独自のリブ形状を採用しており、腕に装着したときにベルトが腕に沿って巻き付く快適な装着感を実現。ベルト部分は、2個のボタンをボタンホールにはめ込むことで、5段階の調整が可能で腕の細い人も太い人も使用できます。

液晶保護フィルムおよびアップルロゴが刻印されたクリップ部分を保護するフィルムをセット。腕時計として使用する場合のキズや汚れを防止します。カラーラインナップは、ピンク、レッド、オレンジ、イエロー、グリーン、ブルー、パープル、ブラック、『iPod nano』のカラーをそのまま楽しめるクリアの全9色です。
 
 

■関連記事
『iPod shuffle』を装着できるスポーツ向けネックバンドタイプヘッドホン『Actrail』
この冬に欲しい手袋! 『iPhone』などのタッチパネルに対応した『iTouch Gloves』
電源いらずでiPodの音楽を楽しむステレオスピーカー『LDS-SiP500』を発売へ
スパイ御用達 動画や写真を記録できる腕時計『Spy Net Secret Mission Video Watch』
レトロでおしゃれなカセットテープ型腕時計『EOS NEW YORK Mixtape』

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。