ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゲーム実況者注目のアクションRPG『Bloodborne』はSHARE機能での実況に対応

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


3月26日に発売されるPS4専用ゲーム「Bloodborne(ブラッドボーン)」。美しいグラフィック、没入感の高い世界表現、ハードなゲーム内容などに注目が集まり、発売秒読み段階となってさらに期待感が高まっている。プレイしてみたいと考えているゲーム実況者の皆さんも多いことだろう。

「死闘に次ぐ死闘」が連続する本作はまさにゲーム実況向き。視聴者と一緒にこの闘いの世界に没入しまくって欲しい。

そしてなにより、ゲーム実況者のみなさんにとって魅力的なのは、PS4のSHARE機能を利用したゲーム実況が可能、ということ。

本作はPS4のSHARE機能を使用した実況が可能となっている。対応サービスは以下のとおり。

・ニコニコ生放送
・Twitch
・Ustream
・YouTube

これだけ揃えば、ゲーム実況プレイヤーにとって不足はないだろう。
これまでPS4のゲーム実況をやったことがないというゲーム実況者さんにも是非チャレンジしてみて欲しい。そして、これまでゲーム実況そのものをやったことがないプレイヤーにとっても、ゲーム実況を始めてみるまたとないチャンスだ。

本作を開発したSCE JAPANスタジオとFROM SOFTWAREがうみだした「デモンズソウル」、そしてその精神的続編と言われる「ダークソウル」「ダークソウル2」はいずれもゲーム実況の世界では非常に人気の作品であり、未だにゲーム実況がおこなわれている。今回発売される「Bloodborne」 もそんな作品となるだろう。このゲームで遊ぶことも楽しみだが、みなさんの実況プレイをネットで観ることも楽しみ。発売日が待ち遠しい。

『Bloodborne』公式
http://www.jp.playstation.com/scej/title/bloodborne/

――見たことがないものを見に行こう(ガジェット通信)

カテゴリー : ゲーム タグ :
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる ▶

記者:

やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。未来検索ブラジル・東京産業新聞社社長。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラクターに興味がある。好きな食べ物はシュークリーム。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP