ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】スマホフォトライフをサポートするwebマガジン「iPg*」誕生秘話

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近はスマホのカメラも進化し、素人でも簡単にプロ気分で、ハイクオリティな写真が撮れるようになった。

しかし、誰でも気軽に使える分、他の人と差別化するのが困難であることも確か。一眼レフカメラのような指南書もなければ、テクニックを教える学校があるわけでもない。

そんな悩みを解消してくれるのが、「iPg* (アイ・ピー・ジー)」というサイト。「誰でも写真家に」をコンセプトに、必要なツールやアプリの紹介、撮影ノウハウなど、モバイル撮影に特化した情報を幅広く伝えていく、新感覚のwebマガジンである。

今回は、仕事で世界を渡り歩くうち、スマホ撮影の可能性に未来を感じたという「そらへ」代表取締役社長、榎本 かなこ(えのもと かなこ)氏へインタビューを行なった。スタートしたばかりの同サイトには、個人の感覚で表現するためのヒントが、いっぱいに詰まっている。

・少しの情報とセンスでスマホ撮影が俄然楽しくなる

Q1、まずは、「iPg*」制作のきっかけと経緯から、お聞かせください。

私は2012年から2年間、仕事の都合で世界の国々を、転々としていました。香港の友人が、iPhoneに装着する外付けレンズを作っていて、それを使って行く先々の風景や食べ物を撮影していました。

元々カメラは好きだったので、一眼レフも持ち歩いていたのですが、撮りたいと思ったときにすぐ撮影や編集ができて、仲間と共有もできる手軽さから、旅先ではiPhoneばかり使っていました。そこで、iPhoneで撮影するということの可能性に、興味を持つようになったのです。

また、ガジェット好きしか興味がないだろう、と思っていたその商品にも、行く先々で色々な人が声をかけてくれました。(中略)そうしたことから、iPhoneでもっとうまい写真や面白い写真を撮りたい、と思っている人は想像以上にたくさんいるんだなと感じ、そういう人たちに対して、何か提案できないかな、と考えたのが、「ipg*」を制作するに至ったきっかけです。

Q2、「iPg*」とは、どんなサイトなのでしょうか。

スマートフォンでの写真撮影に特化した、情報サイトです。アプリやガジェットの紹介、スマートフォンでの撮影方法提案、そして、実際に読者が撮った写真を掲載する場も、提供していきます。

スマートフォンの撮影で必要なのは技術ではなく、少しの情報とセンスです。ここでは、スマートフォンでセンスを生かした写真を撮影する人を、iPhonegrapher(アイフォングラファー)と定義し、世界中の優れたiPhonegrapherを紹介する他、iPhonegrapherをめざす人にとって、有益なコンテンツを揃えていく予定です。

・iPhonegrapherを定着させたい

Q3、編集にあたって最も苦労されているのは、どんなところでしょうか。

スマートフォンのマーケットは広いので、読者の幅も必然的に広くなります。今一番苦労しているのは、読者に提供する、情報の精査でしょうか。

作品の紹介1つとってみても、一概に「カッコいい」とか「素敵!」だけではおさまらない、いいものが世界には溢れています。アプリの紹介にしても、カメラに詳しい人から、最近スマートフォンを購入した人まで、さまざまな層がいるので、それぞれが楽しめるコンテンツをどうやったらお届けできるのか、試行錯誤の毎日です。(中略)

Q4、今後の展開について、教えてください。

写真を撮ったらSNSだけではなく、「ipg*」に投稿するという、選択肢の1つになってくれれば、うれしいですね。 現在、読者が参加できるようなコンテンツを鋭意準備中ですが、今後は「ipg*」に掲載されることが、読者のステイタスになるような、そんなサイトをめざします。

将来的には、iPhonegrapherというカルチャーを、読者の皆さんと一緒に作っていけたらいいですね。カルチャーが定着してきたら、写真とその他のジャンル(ファッションや音楽)とのハブになることが理想です。

例えば、「ipg*」の読者から、雑誌のカバーやCDのジャケットになるような作品が生まれたら、素晴らしいですね。これからも、ジャンルの垣根なく、色々なことにチャレンジしていきたいです。(中略)

iPg*

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP