体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ダサ」発言の漫画家vs編集者のガチ対談が実現「佐藤秀峰×新保信長」

ダサ。発言

『ガジェット通信』の記事をきっかけに、ガチ対談がおこなわれることになりました。この対談の様子は生放送する予定です。司会は、編集の経験もあり、漫画原作者でもある鍋島雅治さんにお願いしました。

「ダサ。」ガチ対談『漫画家:佐藤秀峰×編集者:新保信長』詳細ページ
11月20日(土) 15時30分より開始予定
司会:鍋島雅治(漫画原作者)、 進行:深水英一郎、 サポート:ソーシャルメディア大学

この対談のタイトルにある「ダサ。」という言葉は、もともと対談相手の佐藤秀峰氏が新保信長氏に対して発した言葉。さてさて、なぜそのようなことになったのでしょうか。みなさん、マンガ雑誌の最後のページに目次があって、そこに漫画家の方々のひとことコメントが掲載されているのはご存知ですよね? 実は漫画家の佐藤秀峰氏、そこへひとことコメントを書くことを拒否していたのです。それに対して、編集者であり、漫画評論家でもある新保信長氏が、ツイッターで質問したところ、いくつかのやりとりの末、最終的に佐藤氏が「ダサ。」と発言したのです。この出来事はネットでちょっとした話題になりました。

そのときのやりとりを再現してみましょう。

新保氏: 佐藤秀峰先生だけ、なぜいつもコメントなしなんですか?

佐藤氏: 僕は思考停止しなかっただけ。

新保氏: わざわざお返事ありがとうございます。思考停止とは何を指すのですか? コメントも楽しみにしている読者がいるとは思いませんか?

佐藤氏: 自分で考えれば?

新保氏: 編集部との関係がどうあれ、読者サービスとしてコメント書くぐらいの手間は惜しむべきではない、と私は考えます。たとえそれが無償であっても。どうしても無償がイヤなら交渉してみればいかがですか? そのへんの事情がわからないから質問したのですがムダでしたね。

佐藤氏: ダサ。

完全に決裂しているように見えます。これは2010年6月のやりとりですが、以降しばらくはやりとりなどはなかったようです。が、ガジェット通信の記事をきっかけとして、再びやりとりが始まりました。

ガジェット通信の記事をきっかけに再びやりとりが

その記事とは、佐藤秀峰氏の連続インタビューです( http://getnews.jp/archives/81710 )。この記事を読んだ新保氏と、漫画家のいしかわじゅん氏がツイッターで以下のようなやりとりをおこなったのです。

新保氏: 出版社の在庫には税金かかるって知ってるのかな。社員価格77%って業界一律の話じゃないけど。とか、いろいろツッコミどころはあるけど、試行錯誤するのは悪いことじゃない、とは思う。

1 2 3次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会