ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Motorola、5.2インチWQHDディスプレイを搭載した「Moto Turbo」をインドで発表、Flipkartが公開した商品ページでLTE Band 1への対応が判明

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Motorola のインド法人が「Droid Turbo」の新しいグローバルモデルとなる「Moto Turbo」を発表し、同時に現地の大手オンライン小売店 Flipkart がその商品ページを公開しました。Moto Turbo は米国の携帯キャリア Verizon から販売中の Droid Turbo のグローバルモデルです。既に昨年中に中南米で「Moto Maxx」が発売されたので、別名のグローバルモデルとなります。Flipkart の商品ページによると、Moto Turbo は 5.2 インチ 2,560 × 1,440 ピクセル(565ppi)の有機 EL ディスプレイ、Snapdragon 805 APQ8084 2.7GHz クアッドコアプロセッサ、3GB RAM、2,100 万画素リアカメラ、3,900mAh の大容量バッテリーを搭載するなど、基本的なスペックは米 Verizon 版と同じです。しかし、対応周波数が Droid Turbo とは異なり、3G は WCDMA 2,100MHz のみで、4G は FDD-LTE B1 / 3 / 4 / 5 / 7 / 17 に対応しています。Droid Turbo(LTE B2 / 3 / 4 / 7 / 13)や Moto Maxx(LTE B2 / 3 / 4 / 7 / 17)とは違って LTE 2,100MHz(Band 1)に対応しているのが特徴と言えます。あくまでも Flipkart の商品ページ情報なので、これらの情報が正しいのかどうかは定かではありませんが、商品ページに Moto Turbo は 3 月第 3 週目に発売予定と書かれているので、今月中には公式スペックを確認できると思います。一部では、明日 3 月 10 日に発売されるという話も出ています。なお、Flipkart が取り扱う Moto Turbo は内蔵ストレージ 64GB モデルのみで、41,999 ルピー(約 80,000 円)というプレミアム価格で販売されます。Source : FlipkartTwitter(Motorola India)


(juggly.cn)記事関連リンク
nifty、月額1,180円からの「ヨドバシカメラ限定NifMo音声通話対応SIMカード スタートプラン」を発表
ASUS、台湾で「ZenFone 2」を発売
Galaxy S6 / S6 edgeのキャリアからの予約が2,000万台を突破したらしい、Verizonは4月1日に予約受付を開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP