ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MWC 2015 : 中国メーカー、6,000mAhバッテリーを積んだ5.2インチスマートフォン「Innos D6000」を開発、バッテリーを外しても動くトンデモ仕様

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Innos という国内では滅多に耳にしない中国のスマートフォンメーカーが 6,000mAh という Xperia Z4 Tablet と同じ容量のバッテリーを搭載した 5.2 インチ Android スマートフォン「Innos D6000」を MWC 2015 イベントで披露してました。Innos D6000 は単にバッテリー容量を大きくしただけではなく、なんと背面のバッテリーパックを外した状態でも動作し続けるのです。なぜ動作し続けるのかというと、実際には内部に 2,480mAh のバッテリーを内蔵しており、残りの 3,520mAh を取り外し可能なバッテリーパックにして分けているからです。このような仕様だと、バッテリー容量が減ってきたらシャットダウンしないでスペアに交換でき、バッテリーパックを外して軽量化することもできそうです。主要スペックは、5.2 インチ 1,920 × 1,080 ピクセルのディスプレイ、Snapdragon 600 プロセッサ、2GB RAM、16GB ROM、背面に 1,600 万画素カメラ、前面に 500 万画素カメラを搭載しています。Source : Android Central


(juggly.cn)記事関連リンク
Huawei Watchのシルバー・ゴールドモデルの価格は$1,000(約12万)?
Sony Mobile、TrackIDを4.1.B.0.15にバージョンアップ、アプリUIをMaterial Design仕様に刷新
ドスパラ、2GB RAMやWi-Fi acを搭載した10.1インチAndroidタブレット「DG-Q10SR3」を発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP