ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コーヒー、エナジードリンクに代わる頑張る女性の新定番! 「晴れ茶」に隠れた4つのハーブの秘密

DATE:
  • ガジェット通信を≫


昨年7月、“ピンクのカオマンガイ(海南風チキンライス)”として、タイ国内でも行列ができるほど人気が高い「ガイトーン」が東京・渋谷に上陸。開店以来、好き嫌いのわかれる食材の代表的存在であるパクチーがたっぷり食べられるとあって、“好き”な方の人たちにはたまらないと人気を呼んでいるようだ。エスニック料理の魅力といえば、日本料理では味わえないようなスパイスやハーブ。「しょっぱい」「辛い」というような、一言では表現できないような味わいが口に広がる感覚が楽しい。
エスニック料理に加えてハーブティも一般的に普及していく中、日本人の味覚にも新たな変化が顕れはじめるとみて、キリンビバレッジの飲料ブランド「世界のKitchenから」では、ハーブをたっぷり使用した無糖茶「世界のKitchenから 晴れ茶」が発売された。 
「世界のKitchenから」といえば、ひとつの商品を発表するまでの徹底したリサーチが特徴的だ。電車の中吊り広告に商品化に至るまでの経緯が載っていて、うっかり見入ってしまったという人も多いはず。そんな同ブランドが今回注目したのが、「ギリシャのお母さん」。どういうことだろう。
ギリシャでは、家族を元気にするため、毎日の食事に野菜のようにハーブを取り入れるのだとか。ハーブにはリフレッシュを促しストレスを和らげる効果があり、濃く淹れた緑茶に4種のハーブをブレンド。爽やかな味わいに仕上がっている。
仕事や子育てなどでストレスを抱えることが多い女性。これまで飲み物でいえばエナジードリンクやコーヒーによってリフレッシュをはかっていることが多かったと思うが、「晴れ茶」はそうした女性たちがエネルギッシュで元気になれる気分転換をナチュラルな形で実現してくれる商品だ。
日本では最後の香りづけや飾り程度に入れていたハーブ。商品開発において、日本人が美味しいと感じるハーブの組み合わせ、ベースとなる緑茶とのバランスにも気を使ったのだとか。それでもハーブが使われた料理がおなじみになってきた今の日本人の味覚にはぴったりかも。
 【Nicheee!編集部のイチオシ】
太眉ブームはキケン? 太眉のインパクトに負けないアイメイク対策法!
ポスト・ベッキー!?マギーについて調べてみた!
男性に聞いた!彼氏がいるのに男友達と遊ぶ女性って、どう?

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP