体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドコモの2010~2011年冬春モデル発表 Androidスマートフォンは『LYNX 3D SH-03C』『REGZA Phone T-01C』『Optimus chat L-04C』の3機種

ドコモの2010~2011年冬春モデル発表 Androidスマートフォンは『LYNX 3D SH-03C』『REGZA Phone T-01C』『Optimus chat L-04C』の3機種

NTTドコモは、2010年から2011年の冬春モデルとなる新製品の発表会を開催しました。10月に先行して発表した『GALAXY S』『GALAXY Tab』に続くAndroidスマートフォンの新製品は3機種。『おサイフケータイ』への対応やオンラインメモサービス『Evernote』のプリインストールなど、Androidスマートフォンに関するトピックが目立ちました。

※写真が一部しか表示されない場合はこちらをご覧ください

・3Dスマートフォン『LYNX 3D SH-03C』

『LYNX 3D SH-03C』を発表

最初に発表されたのは、シャープ製の『LYNX 3D SH-03C』。裸眼立体視が可能な3.8インチの3Dディスプレーを搭載し、『おサイフケータイ』、ワンセグ、赤外線通信に対応します。12月に発売を予定。Android OSのバージョンは2.1で、来春には2.2へのバージョンアップを予定しています。iモードのメールアドレスやキャリア決済が利用できる『spモード』、ドコモが運営するアプリマーケット『ドコモマーケット』が利用可能。カラーはPure White、Fairy Blue、Ink Blackの3色です。

3.8インチの大画面 光沢感のある外装はソフトバンクの『GALAPAGOS』と異なる点

960万画素のCCDカメラと画像処理エンジン『ProPix』により、動きのある被写体や暗い場所でも高画質の撮影が可能なほか、1280×720ドットのハイビジョン動画の撮影が可能。静止画を3D化したり、カメラをスライドしながら撮影して3D画像を合成する方法により、3D画像を作成する機能を搭載しています。

ワンセグ放送もボタンひとつで3D化

タッチ&トライコーナーで実機を触ってみたところ、サイズ感はauの『IS03』よりわずかに大きい程度で、画面がより大きく見えます。やはり印象的なのが3Dディスプレーで、ワンセグの視聴中に3Dボタンを押すことにより、通常の2Dの放送を3D化して楽しむこともできました。ソフトバンクが発表した『GALAPAGOS』との違いについてブース説明にたずねたところ、Android 2.1で発売される点や、ドコモ独自のアプリケーションへ対応する点で異なるとのこと。

1 2 3 4次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。