ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Motorola、超低価格スマートフォン「Moto E」の第2世代モデルを正式発表、本日より海外で発売開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Motorola Mobility が $119.99(約 14,000 円) からの低価格な新型スマートフォン「Moto E(2nd Gen)」を正式に発表しました。Moto E は本日より北中米・南米、欧州、アジアなど 50 か国で順次発売されます。価格は、3G モデルが $119.99、LTE モデルが $149.99 です。Moto E(2nd Gen)は、昨年投入された安さが売りの「Moto E」の後継機種で、新モデルでは LTE に対応したほか、ディスプレイが 4.5 インチに拡大し、CPU はクアッドコアにアップグレードされ性能もアップ、バッテリー容量は 2,390mAh に増えるなど、内容は全体的に強化されています。OS は Android 5.0(Lollipop)で発売されます。Moto E(2nd Gen)では「Motorola Display(旧 Active Display)」や「Quick Capture(2 度ひねるとカメラが起動)」などのMoto X の機能も一部サポートしています。Moto E(2nd Gen)の主要スペックは、4.5 インチ 960 × 540 ピクセルの液晶(ゴリラガラス3)、Snapdragon 410 1.2GHz クアッドコア(LTE)/ Snapdragon 200 1.2GHz デュアルコア、1GB RAM、8GB ROM、背面に 500 万画素(F2.2 レンズ)、前面に 30 万画素カメラ、加速度センサー、ライトセンサー、近接センサーを搭載。Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、GSM / WCDMA / CDMA2000 / LTE に対応(モデルによって対応は異なります)。筐体サイズは 129.9 x 66.8 x 5.2 ~ 12.3mm(カーブデザイン)、質量は 145g。カラバリはブラックとホワイト。Moto E(2nd Gen)の LTE モデル(XT1527)は WCDMA / HSPA+(850 / 1700AWS / 1900MHz)、LTE(B2 / 4 / 5 / 7 / 12 / 17)に対応。Moto E(2nd Gen)の 3G モデル(XT1511)は、WCDMA / HSPA+(850 / 1700AWS / 1900MHz)に対応。Moto E(2nd Gen)のグローバル GSM モデル(XT1505)は、WCDMA / HSPA+(850 / 900 / 1900 / 2100MHz)に対応しています。Moto E(2nd Gen)でも交換用バックカバー「Motorola Bands」や「Grip Shell」で外装をカスタマイズすることができます。Source : Motorola


(juggly.cn)記事関連リンク
Google、企業におけるAndroidの利用を促進する新機能・サービス群「Android for Work」をローンチ
カレンダー
Galaxy S 6のプリインストールアプリ一覧が流出、Samsung製アプリは3つだけらしい

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP