ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HowGiveLolliButton : Android 5.0で右側に寄ったダイヤログなどのボタンをKitKat以前の配置・大きさに戻すXposedモジュール

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 5.0(Lollipop)で変更されたダイアログなどのボタンの配置と大きさを従来に戻せる Xposed モジュール「HowGiveLolliButton」が公開されました。Lollipop 端末でダイヤログボタンを表示すると、「OK」や「キャンセル」などのボタンは右側に寄った状態で表示されるので、大きさも従来から小さくなっています。これを Kitkat 以前のスタイルに戻せるのが今回の「HowGiveLolliButton」です。KitKat 時代のボタンの方が押しやすく良いと思う方、試してみてはいかがでしょうか。Xposed モジュールなので、端末を root 化しておく必要がありますが…。

▲ デフォルト状態

アプリの設定方法は、Xposed インストーラーから本モジュールをインストールして有効にするだけです。「モジュール」セクションのモジュール名をタップすると、表示スタイルが「Default」、「Random」、「Center」の 3 通りで切り替えられます。


(juggly.cn)記事関連リンク
米国のAmazonがNexus 6 32GB(SIMロックフリー版)を販売開始
HTC One M9のカラバリ情報が伝えられる、ドルビー対応との噂も
Google、子供向けYouTubeアプリ「YouTube Kids」を配信開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP