ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あの名作をもう一度プレイできる!『ゲームアーカイブス』を紹介

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

「あのソフト、もう一度遊びたいけど売っちゃったんだよな……」
「実家にまだ残ってるだろうけど、どこにいったか分からん。行方不明だ」
「子どもの頃、友人にソフトを貸していたらそのまま借りパクされてしまってそれっきり」

今から約10年ほど前、当時『PlayStation』や『PlayStation2』などのソフトをプレイしていた人たちは、こんな経験があるのでは?

「埃を被ったゲーム機は残っているのに、ソフトだけ手元にない」という人も少なくないだろう。
それでも、ある時ふと昔のことを思い出して「またプレイしてみたい」と感じてしまう思い出の作品が、きっと1本や2本はあるはずだ。

しかし、当時流通していたディスクソフトを今から探し出して入手するのは意外と困難。
大量に出回っていたものは中古品を安価で手に入れられるが、中にはプレミアム価格でオークションで売られているものもあるため「目当てのソフトや思い出のソフトに再会できない……」とお嘆きの人もいるに違いない。

過去の名作をひたむきに愛し続ける、そんなゲーマーの皆さんにオススメなサービスがあるのだ。

PSstore内にあるコーナーの一つ――『ゲームアーカイブス』
今回はこちらのサービスについて、簡単にご紹介していこう。

ゲームアーカイブスってなに?

http://www.jp.playstation.com/psn/store/gamestore/archives/

簡単に言えば『過去のゲームソフトの保管庫』のようなもの。

PS/PS2などのゲームソフトも『ダウンロード版』としてPSstoreで配信されており、その専用コーナーの名称が『ゲームアーカイブス』なのだ。

現在では数百タイトルものラインナップが揃っており、かつて一世を風靡した名作などはもちろん、一部のコアなファンにしか知られていないマイナータイトルも並んでいる。
※ダウンロード版などについての詳細は筆者の過去記事を参照

つまるところ、過去の名作が安価で購入できPS3/PSVita/PSPなどのゲーム機で、PS/PS2/PCエンジンのタイトルが遊べるサービス、ということだ。
もちろん、初代PSを遊んでいた人にとってはおなじみの『あの起動音』も聞くことができる。

【PSstoreのラインナップページ】
https://store.sonyentertainmentnetwork.com/#!/ja-jp/home/%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/psp

そもそも、どうやって遊ぶの? どのゲーム機で遊べるの?

既存のダウンロード版と同様に、PS3/Vita/PSPにダウンロード・インストールすることでプレイできる。
なお、一部タイトルとPS2アーカイブスはPS3のみ対応なので、Vitaなどでは遊ぶことができないので注意してほしい。

PS3は、初期型であればPS/PS2のディスクにも対応しているが、残念なことに現在販売されているモデルではPS2ディスクへの互換性がなく、PSとPS3のディスクしか読み込むことができないのだ。
PS4に至ってはPS4専用ディスクやブルーレイディスクのみしか対応しておらず、それを知らずに購入して泣きを見た、という人も決して少なくないだろう。

なのでゲームアーカイブスが目当ての人はPS3/PSVita/PSPのいずれかが必要となる。

大画面のTVで遊びたければPS3を、寝転がりながらのんびり手軽に遊びたければPSVitaの方を強くオススメする。
(ちなみに、両機種とも所持しているのであればセーブデータの共有も可能)

ここ数ヶ月で、ラインナップが一気に充実してきた『ゲームアーカイブス』
お気に入りの作品や、当時は見逃していた名作、もう一度遊びたかった思い出の作品がきっと見つかるので、ぜひチェックしてみてほしい。

【引用】
一枚目画像:http://www.jp.playstation.com/psn/store/gamestore/archives/より
二枚目画像:https://store.sonyentertainmentnetwork.com/#!/ja-jp/home/%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/pspより

※この記事はガジェ通ウェブライターの「八郎二朗」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP