ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

定番のXposedモジュール「GravityBox」がAndroid 5.0(Lollipop)に対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アプリを改変することなく標準 ROM では実現できないカスタマイズを可能にする「Xposed」の定番モジュール「GravityBox」がついに Android 5.0(Lollipop)をサポートしました。Gravity Box は、ロック画面、ステータスバー、ナビゲーションバー、電源周り、画面周り、電話機能、メディア再生機能、ハードウェアボタン、アプリドロワーなど豊富なカスタマイズメニューを備えたアプリです。カスタマイズ項目がシステム全体に渡っていることから、定番の Xposed モジュールとして重宝されています。Lillipop 版は「GravityBox [LP]」として Jelly Bean 版や KitKat 版とは別のアプリとして提供されています。アプリ自体は現在 5.0.0Alpha という開発版の段階です。リリース版では、アプリ UI が Material Design 仕様にリニューアルされているだけで、Kitkat 版との大きな違いはなさそうでした。カスタマイズメニューも KitKat 版をほぼ踏襲しています。ちなみに、Lollipop 版の利用しようとすると KitKat 版をアンインストールするよう促され、実際に KitKat 版をアンインストールしないと Lollipop 版の設定メニューは表示されませんでした。


(juggly.cn)記事関連リンク
Huaweiの新しいエントリーモデル「Ascend Y540」がオランダで公開される
デベロッパーがiPhoneでAndroid Wearスマートウォッチへの通知の転送を可能に、デモ動画も公開
Android Tips : Android端末で楽天Edyの残高や利用履歴を確認する方法

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP