ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマートウォッチ「Pebble」の開発元が自社の公式サイトで謎のカウントダウンを開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android / iOS 対応のスマートウォッチ「Pebble」の提供元が自社の公式サイトで謎のカウントダウンを開始しました。カウントダウン終了日の 2 月 24 日には何らかの発表がある模様です。Pebble は低い消費電力の “ePaper” 液晶ディスプレイを備えたスマートウォッチで、Android Wear が登場する前から発売されたこともあり、北米では利用者も多く、今でも定期的な機能追加アップデートによって Android Wear にも負けず頑張っています。最近では 100 万台の Pebble が販売されたことも発表されました。Pebble は公式サイトに当日の発表内容を知らせるためにメールアドレスの登録フォームを設置しているだけで、何の目的でカウントダウンを行っているのかを明らかにしていません。しかし、ネットでの噂では、E Ink 電子ペーパーに似たやや大きいディスプレイを搭載する Pebble の “新色” が発表されると伝えられています。Source : Pebble9to5Mac


(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobileの「E2333」を名乗る5.2インチオクタコアスマートフォンがCompuBenchに登場
Google、Google Playストアアプリの次期バージョンで検索バーのデザインや機能を改良
SNKプレイモア、「餓狼 MARK OF THE WOLVES」のAndroid版をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP