ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“IT””クラウド”の力をフル活用して従来の資格試験の勉強方法を革新!「資格スクエアクラウド」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

毎年多くの人が憧れの職業に就くため、社内でのキャリアアップのため必死に勉強して挑んでいる資格試験。

司法試験や司法書士、公認会計士などのいわゆる難関資格ともなると、資格試験予備校に通って講義を受けながら対策をするというのが一般的だ。

ただ従来の勉強方法では、予備校の高い受講料や時間・場所の制約がある点に加え、問題集をやる際も、例えば法律系の試験なら判例集や条文を持ち歩きいちいち参照しないといけないなど、どうしても効率が悪く改善の余地があった。

そういった課題をIT・クラウドの力を最大限に使うことで解決し、従来の資格試験の勉強法よりも優れた体験をもたらしてくれるサービスが「資格スクエアクラウド」だ。

効率を最大限に高めるクラウド学習サービス

この「資格スクエアクラウド」は、有名予備校出身の人気講師の良質な授業をオンライン上でいつでもどこでも受講できるサービス、「資格スクエア」を更にパワーアップさせたもの。

講義を受けながら同一画面でレジュメの参照や編集ができる他、条文や判例の参照、オリジナルな単語帳の作成、講師やほかユーザーへ不明点の質問などが非常にサクサクできる。

加えて他のユーザーが過去に行った質問を見てつまずきやすいポイントを勉強したり、他のユーザーが作成した単語帳を自分の単語帳に加えることができるなど、”IT””クラウド”の特徴をフル活用することで、これまでオフラインや独りでは難しかった、効率を重視した勉強を可能にする。

人気講師の授業が圧倒的低価格で!

効率的な学習システムだけでなく、伊藤塾やLECで活躍していた講師の講義を低価格で受けられる点も大きな特徴。例えば従来なら数十万する司法書士の講義が月額6000円から受講できる。

オフラインの教室等はなく、講義は全てオンライン動画。無駄なコストを最大限カットしているため、低価格で利用できる仕組みだ。

このようにITの特徴を活かした、従来とは違った特徴を持つ資格試験学習サービス。実際に司法試験に合格しているCEOが自身の勉強法のナレッジも用いて設計しているのもユニークなポイント。

資格試験の勉強法を検討しているという人、いつか資格試験にチャレンジしようと思っている人は要チェックだ。
資格スクエア

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP