ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LG、64bit対応のハイエンド向けオクタコアプロセッサを年内に量産開始か?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

LG が、昨年の「LG G3 Screen」に搭載された「Nuclun」プロセッサに続く第 2 弾の自社開発プロセッサ「Maya」の開発に取り組んでいると韓国メディアの Digital Times が関係者からの情報として報じました。記事によると、LG の Maya プロセッサは今年下半期の量産開始を目標に現在開発中で、ターゲットはハイエンドモデルとされています。フルスペックはまだ判っていないものの、CPU については ARM Cortex-A57を 4 基と ARM Cortex-A53 を 4 基内蔵した 64bit 対応のオクタコア仕様で、同サイトは GPU は ARM Maliを採用し、TSMC の 20nm プロセス工程で製造されると予想しています。同サイトの情報で興味深いのは、LG は内部で一度 Cortex-A57 と Cortex-A53 を CPU に採用した第 2 世代の開発プロジェクトを進めていたものの、途中で中止となってしまったらしいということです。噂情報なので事実関係は違う可能性もありますが、今回の Maya は LG にとってはハイエンドモデル向けの再チャレンジになり、実は以前に Snapdragon 810 に対抗すべく上記のプロセッサを開発していたところ、発熱などの問題に直面して中断したと伝えられています。Maya は LG 内部では第 3 弾の開発プロジェクトだと言われています。Source : Digital Times


(juggly.cn)記事関連リンク
フランスのAmazon.frが「SmartWatch 3」メタルバンドタイプを販売開始、輸入総額は39,000円程度
Sony Mobile、SmartWatch 3のレザーバンドモデルを発表、春の初めに発売
Snapdragon 410を搭載したASUS Z00EDがGFX Benchに登場、ZenFone 2のQualcommモデル?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP