ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女子高生ラッパー、DAOKOがメジャーへ tofubeatsのあの楽曲をリアレンジ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

DAOKOが〈TOY’S FACTORY〉よりメジャー・デビュー。3月25日(水)に1stアルバム『DAOKO』をリリースすることが明らかになった。それに伴い、リード・トラック「水星」のミュージック・ビデオがオフィシャル・サイトにて公開された。

DAOKOは1997年生まれの17歳。2月にはレーベル〈LOW HIGH WHO?〉より、インディーズ・ラスト・アルバムとなる『Dimension』を発表するなど、これまでに4枚の作品をリリースしている。

今回、公開された「水星」はtofubeatsの楽曲であり、同楽曲の世界観をDAOKOからの視点でリアレンジされたもの。映像は、椎名林檎や木村カエラなどのミュージック・ビデオなどを手がけるCentral67・木村豊が監督を担当。彼女の象徴的な歌詞を、渋谷Q-FRONTをはじめとした街の電光掲示板に実際に流し、全てのカットを実写撮影した。

またメジャー1stアルバム『DAOKO』は、GREAT3の片寄明人や新進気鋭のトラック・メイカーなど7組と楽曲制作がされた。初回限定盤と通常版の2形態で販売され、初回限定盤にはインディーズ時代の集大成ともいえる全12曲のベスト盤が付属。なお、daokoは今回のメジャー進出に伴い、LOW HIGH WHO? PRODUCTIONから2.5Dマネジメントに移籍することが決定している。(鶯巣大介)

DAOKO / 水星
http://youtu.be/QkdQZ-ctkYU

・daoko オフィシャル・サイト
http://daoko.jp

・daokoの作品はOTOTOYでも配信中
http://ototoy.jp/_/default/a/80010

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP