ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鬼才・坂口恭平の最新刊は、アン・ファッショニスタの着こなし研究~マガジンハウス担当者の今推し本『ズームイン、服!』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

2731

こんにちは、マガジンハウスです。今日は雑誌『POPEYE』の連載をまとめた、ちょっと変わった本をご紹介したいと思います。著者はあの坂口恭平さん。もう何かビンビンきますね。連載時の担当だったWさんに、色々とお話を聞いてみましょう。

――――あれ、背表紙に、いつものおうちマークがありませんよ!
W 「はい、これは“POPEYE BOOKS”第一弾なんです。これから、POPEYEの連載をまとめて単行本化したり、単発でも出したりしますよ」

無題


POPEYE BOOKSは、ホウレンソウの缶詰が描かれたマークが目印。

――――そんな記念すべき一冊目にふさわしい、濃密な本ですね。まずは、坂口恭平さんという人物が、どんな方なのかを教えていただけますか。
W 「うーん、難しいですね……。簡単に言えば、何でもできる人。そして、何か普通じゃない変なことをやらかしている人、でしょうか」

――――実際にお会いしたらどうでした?
W 「僕は坂口さんの描かれる絵が好きなんです。とても繊細でしょう。あと、お会いする前に原稿のやりとりを何回かしていたんですが、書かれる文章も、無駄がなくて困るぐらい完璧なんですよ。ちょっと文字数削るにも、ご本人に相談しないとならないぐらい緻密な仕上がりで……」

――――ほほう。
W 「ですが、ご本人は“繊細”とか“緻密”からイメージするような神経質そうなところはまったくなく、どっちかというと“気のいい兄ちゃん”という感じだったんです」

――――ややこしいタイプじゃないんですね。では、編集者泣かせでもない?
W 「あ、締切は守りませんよ」

――――あ、やっぱり?(笑)
W 「この連載は、人選も取材も坂口さんが決めて進められてて、イラストと原稿ができあがった状態で送ってくださってたんです。なので途中経過がわからない」

――――それは……ハラハラしますね。
W 「いつも坂口さんのTwitterをチェックしてましたね。見てると、取材するまでに時間をかけてくださっていて、書き始めるとむしろ早いということがわかったり(笑)」

――――そんなふうに吟味した取材対象者30人(うち1人は坂口さんご自身)の、服バナシをまとめたのがこの本ですが……。
W 「読んでいただくとわかりますし、坂口さんも書かれてますが、服というよりは人なんですよね。服単体ではなく、その人の着こなしや思考を見ているんです」

――――この29人の中で、Wさんはどの方に興味を持ちましたか?
W 「猟師の千松信也さんですね。かっこいいです。詳しくは本で(笑)」

――――猟師って肩書きがもう期待ですよね。他にも、古着再生師、発見家、洋蘭屋店主など、気になる職業が並んでます。
W 「社会の論理や日本の仕組みにとらわれていない、面白い方々ばかりです。単行本化にあたり、改めてご連絡差し上げたんですが、“私なんて取り上げてくれて…すみません”なんて仰る方もいました。そういう人達の色濃い部分を引き出しちゃうのが、坂口さんならではだと思います」

――――この本を、どんな人に読んでもらいたいですか?
W 「うーん……。……どう思います?」

――――逆にきましたか。そうですね、中学生とかそれぐらいの年頃の子かなあ。その後の人生が変わりそうで面白い。
W 「そうですか?」

――――そうじゃないですか? こんな濃い人たちの存在を知ったら、普通に学校出て新卒で会社勤めするという選択肢はなくなりそう……。
W 「ですね……確かに……」

――――……と、リーマン同士の沈黙はここらへんにして、最後に一言、お願いします。
W 「この本には面白い人がいっぱい出ています。ネットで見る人だけがすごい人じゃないですよ!」

20150213_095509


連載担当のW氏。今は異動してTarzan編集部に在籍中。マッスルマッスル。

今週の推し本

■ズームイン、服!(坂口恭平 著)
ジャンル : エッセイ
ISBN : 9784838727315
定価 : 1620円 (税込)
発売 : 2015.02.10
[http://magazineworld.jp/books/paper/2731/]

マガジンハウス PR担の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。