ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

木村カエラ、5年ぶりライヴハウスツアーのファイナルは下北沢シェルター!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昨年6月から今年の6月までを「10years anniversary!」と題し、フルスロットルで駆け抜けている木村カエラ。3月6日(金)赤坂BLITZからスタートする5年ぶりのライヴハウスツアーのファイナルを、カエラのデビュー記念日である6月23日に下北沢シェルターで行なうことが発表された。

昨年はベストアルバム『10years』、シングル2作品(「OLE!OH!」、「TODAY IS A NEW DAY」)、オリジナルとしては2年ぶりとなったニューアルバム『MIETA』を立て続けにリリース。10月25日、26日に横浜アリーナ2days『GO!GO! KAELAND 2014 -10years anniversary-』では、ベストアルバムとニューアルバムからの楽曲で構成したトータル50曲を2万人に届けた。

そして新たな年を迎えた2015年、3月4日には『GO!GO! KAELAND 2014 -10years anniversary-』のライヴDVD&blu-ray『KAELA presents GO!GO! KAELAND 2014 -10years anniversary-』、MV集第二弾『BEST VIDEO 2』のリリースを発表。そして両作品のリリース2日後となる3月6日からは、赤坂BLITZを皮切りに全国17都市21公演のライブヴハウスツアー『MITAI KIKITAI UTAITAI』がスタートする。2日間で2万人を動員した横浜アリーナライヴとは一転、手を伸ばせばすぐそこに迫る、超接近戦となるライヴハウスツアーは実に5年ぶりとなる。

10周年ならではといえる超接近戦のライヴハウスツアーは、ファンのみならず、これまでカエラのライヴをフェスでしか経験していなかった音楽ファンのなかでもすでに話題。そんな中、ライヴハウスツアーのファイナルが、カエラのデビュー記念日である6月23日に、なんとキャパ250人の下北沢シェルターで行なわれることが追加発表された。

カエラは神奈川県のテレビ局TVKの音楽番組『saku saku』でのレギュラー出演がデビューのきっかけになっている事は有名な話だが、とにかく音楽をやりたくて『saku saku』の出演よりももっと前から東京の下北沢でバンドを組み、リハやライヴをしていた日々があったことはこれまであまり語られていなかった。

昨年、アーティスト・木村カエラの思い出の地といえる横浜アリーナでの2daysライヴを終え、2万人へその想いを届けた。そして、もうひとつの思い出の地である下北沢シェルターで、これからの木村カエラを進めるにあたって必要な原点回帰を行なう。

横浜アリーナでのライヴMCで「今日はみんなをめちゃめちゃにしちゃいます!」と宣言し、その言葉通りとてつもない一体感で会場を揺らしたカエラ。今回のライヴハウスツアー『MITAI KIKITAI UTAITAI』は、ファイナルとなる下北沢シェルターまで、全22公演が横浜アリーナを超えるかもしれない一体感で、おそらくカエラ史上伝説になること間違いなしのライヴになるだろう。

10周年の締めくくりとなるこのツアー、みんなでめちゃめちゃになってしまおう!

また、本日2月13日(金)21時より、カエラのオフィシャルホームページKAELAWEBでは、下北沢シェルターのファイナルに先駆けて、ZEPPツアー8公演の先着先行を行うので、こちらもチェックお忘れなく。

■KAELAWEB http://kaela-web.com/

DVD&Blu-ray『KAELA presents GO!GO! KAELAND 2014 -10years anniversary-』
2015年3月4日発売
【DVD 初回限定盤】(4DISC)
VIBL-751~754/¥8,333+税
【DVD 通常盤】(4DISC)
VIBL-755~758/¥7,870+税
【Blu-ray 初回限定盤】(2DISC)
VIXL-140~141/¥9,259+税
【Blu-ray 通常盤】(2DISC)
VIXL-143~144/¥8,796+税
込め初回限定盤のみ(DVD、Blu-rayともに)「豪華スケテルパッケージ」仕様+8Pブックレット

<収録内容>
※DVD及びBlu-ray初回限定盤、通常盤収録内容共通
・副音声/<カエラとバンドメンバーによるオーディオコメンタリー(新年会♡)>
・ボーナス映像/
(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
木村カエラ、10周年記念ライヴを収録した映像作品&MV集をリリース
星野源、「ビクターロック祭り 2015」出演決定!

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP