体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

意外にハード!? 知られざる「試食販売の裏側」

a0002_012051_m

エプロンに三角巾の爽やかな笑顔のお姉さんに手渡されて、試食品を口にする。スーパーで幼い頃に体験したことのある人も多いのではないだろうか?
小さい頃、筆者は試食販売の仕事に憧れていた。おいしいものを笑顔で売る、とても楽しそうな仕事だった。そして、ふとした機会にその仕事に就いたことがある。パン、製菓製品、柏餅、ヨーグルト、肉、魚、納豆…これらはすべて筆者が試食販売で宣伝したことのある食品だ。
もちろん、幼い頃のように憧れの気持ちだけが発端ではない。週払い・日払いの条件が切羽詰った財布をいっときでも潤してくれそうだったからだ。ここでは知られざる試食販売の仕事について綴ってみたい。

登録会・説明会

試食販売の仕事はだいたいが高校生から上の年齢を対象としている。先述のように派遣会社が日払いや週払いで募集をかけることが多い。面接というものはなく、応募すると登録会に呼ばれる。派遣元の提示する仕事に同意すれば早速働かせてもらえるのだ。来訪時に必要なものは身分証明書や証明写真、筆記用具と印鑑。履歴書は必要ないことも。
筆者がこれまでに登録した派遣会社は二社。
どちらも都心のビル内にある事務所だった。会議室のような場所で、あるいはもっと手狭な空間に集まって社員から説明を受ける。
応募する人はさまざまだが、だいたいが高校生から二十代くらいの女性が多い。
面接ではないのでだいたいがカジュアルな服装だ。
まず、書類に自分の経歴を簡単に記入する。
それから、派遣業務の概要や、仕事の内容を明かされる。
特に注意されたい点が以下のことだ。
・交通費は負担してもらえるが立替
・その日の材料費も立替
・ホットプレートなどの料理器具は自分で持参する
・エプロンや調理台にかけるテーブルクロスなどは自分で購入する(経費では落ちない)
ここで予めやめたいと思う人は帰宅してくださいと促される。
すると、実際にこの条件を聞いて帰宅する人も大半いるのだ。それはそうだ。日払い、週払いという内容に引かれて応募したにもかかわらず、こうした出費が必須と言われては本当に切羽詰っている人には厳しい。

打ち合わせ

その後は個人面談が行われる。
といっても、面接ではない。明日以降働きたいという人に対して、実際の仕事を提示して是非を確認する打ち合わせだ。
実はここでも脱落者が続出する。
というのは、筆者の属した事務所では都内の業務だけではなく、他の県の仕事も扱っていたからだ。そして、そうした遠方の県ではべらぼうに交通費がかかる。元より多少の出費は覚悟していた人でも、この条件を聞いて実際の仕事に就くことを諦めてしまう人も多い。
それでも何とか妥協して仕事を受諾すると、次はトレーニングに入る。
トレーニングとは何か? つまり、要するに試食販売は笑顔が基本。そして大声で呼びかけることが求められる。そのロールプレイングを行う。社員がまず手本を見せて、それに習って呼びかけをする。
隣同士の人と売り手と買い手の役割を交換しながら、練習を行う。
実際には狭い事務所のなかで売り場にいるような大声を出すのは違和感があるのだが、ここできちんとしないとなかなか合格と言ってもらえないことも。恥ずかしがらずに大声と笑顔を見せられればOKだ。
トレーニングが終ったら、業務報告シートと検便用の器具、それから翌日から仕事に入る人は料理器具を借りて帰宅する。生鮮食品、特に肉類や魚類を扱う仕事は検便検査が必須だ。そして、持っていない料理器具があるなら帰宅前に買い揃えなければならない。結構ハードだ。
もしも翌日すぐに仕事に就かない場合も、業務があるなら前日に必ず事務所へ連絡する必要がある。電話連絡やサイト登録で、自分が仕事に向かえることを伝えるのだ。当日サボる人が少なくないためだ。例え体調不良でも、一度受諾した仕事にNGを出すと、その後仕事がもらえなくなる可能性もある。また、当日も家を出発した時点、店に到着した時点、業務を終えて店を出た時点でも報告の連絡などをせねばならない。とにかく体が資本なのだ。

当日

筆者が初めての試食販売で困ったのは、スーパーマーケットの入り口だ。
普通、客の立場であれば自動ドアの入り口から入ればよい。
しかし、スタッフとして訪れているのだから裏口から入るように指示されている。だが、困ったことに、スーパーマーケットの裏側というのは、駐車場と倉庫と仕事場が敷地内にひとつづきになっていて、正直、どこが入り口かわからないのだ。これも慣れてくると、店によって受付や入店口がわかるようになるのだが…とにかく最初はあたふたする。とりあえずは、必ずお店の人が働いているので、笑顔で話しかけてどうすればいいか尋ねるのが一番いい。
お店の人にはお客さんに対するのと等しくとにかく笑顔が大切だ。
だいたいが親切だが素っ気無いこともある。受付の手続きも、声がけすればいいだけの店もあるし、チェーンで大きな会社だときちんとバッジをつけなければいけないところもある。
ちなみにロッカールームがある場合はそこで荷物を置いていいこともあるが、そんなものはない場合もある。そのときは、通路や入り口の邪魔にならない場所でさっと上着を脱いでエプロンを装着する。
余談だが、たいがいの場所は更衣の場所を与えてくれる。しかし、更衣室がない上に朝礼に集合が必要など、異様に厳しい店もあるので注意されたい。入店したら、まずは売り場の担当者を探して挨拶。それからの準備が大変だ。まずは裏手の試食台を売り場に引き出してセッティング。それから売る品物の数を数える。これは実際にどれだけ物を売ったか報告書に記入する必要があるためだ。そして、調理のために材料を購入する。広い店だと売り場を駆け回ることにもなる。 

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会