ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ジューC』から史上もっともジューシーな『ジューC』が登場! その名も『香る巨峰』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

“錠菓”といえば、先日終売が発表された明治の『カルミン』を思い浮かべる人も多いと思うが、カバヤの『ジューC』も忘れてはならない。

『カルミン』の92年にはまだ及ばないものの、それでも今年で50年を迎えるロングセラー商品だ。

そんな『ジューC』から、50年の節目を記念した「『ジューC』史上もっともジューシーな『ジューC』」が登場する。

2015年3月10日(火)発売となる『ジューC 香る巨峰』(120円/税抜)は、カバヤ独自の浸漬技術を使用し香りをタブレットに染み込ませることでより香り高く仕上げ、あえての崩れやすい品質と微炭酸の味わいにより、口に含むとこれまで以上にジューシーな味わいを楽しめるというのがウリ。

『ジューC』といえば筒状のケースに入った商品が定番だが、今回発売される『ジューC 香る巨峰』は袋タイプのパッケージ。デザインも50年にふさわしいホログラムパッケージ仕様となっている。

ちなみに『ジューC』の名前の由来は、ビタミン錠剤をヒントに自社で販売していた粉末ジュースとビタミンCを配合して完成させたことから、「ジュース+ビタミンC」で『ジューC』とネーミングされたのだとか。

ただし、その後、時代の変化にあわせビタミンCは配合されなくなり、現在ではカルシウムが配合されている。

■参照■
・カバヤ食品株式会社 公式サイト
https://www.kabaya.co.jp/index.html
・カバヤ食品株式会社 『ジューC』ブランドサイト
http://www.kabaya.co.jp/juuc/index.html

※この記事はガジェ通ウェブライターの「北島 要子」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。