ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

山口俊一・内閣府特命担当大臣閣議後会見 「(クールジャパン会議を)できるだけオープンに」(2015年2月10日)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

2015年2月10日10時20分頃より中央合同庁舎第8号館で開かれた山口俊一内閣府特命担当大臣の記者会見で、所管のクールジャパンに関する質問をすることができました。ここではその部分を抜粋して紹介します。

※詳細な大臣発言・質問・議事録は、内閣府ホームページにてご確認下さい。

クールジャパン戦略に関する質問(抜粋)

ーー今回クールジャパン関連についてお尋ねしたいと思います。クールジャパン戦略推進会議に「戦略」とつけた意味について改めて教えて頂ければ、というのが一点。もう一点が、今回の推進会議から冒頭の挨拶だけメディアが取材できて、議論の部分は非公開で傍聴も非公開でした。前任の稲田大臣の時にはフルオープンという形だったと思うのですけれど、今回非公開になった経緯を教えて頂ければと思います。

山口大臣:前の稲田大臣の時にはじめて頂いて、いろいろなプラン、アイディアをまとめて頂いておりますので、各省庁の方に指示、お願いをして、できる事とできない事等々の整理を今して頂いております。

そういったことを踏まえて、もう少し裾野を広げて、ある意味進化させていきたい、ということで、戦略会議を新たに開かせて頂くわけですが。今回の場合は、各界・各層いろいろお集まり頂いておりますが、例えば「VISIT JAPAN」につなげるために、旅行会社の関係の方とか、いろいろ地方創生ということも頭の中に入れながら、もっと幅広く展開していけないだろうか、ということでスタートしておるわけですが。まぁ最初だったものですから、そこらへん有識者の皆様方とのお話しもしていませんでしたので、そういう格好になったと思います。

(会議は)非常に面白いというとアレですが、発展性のある、非常に可能性のある議論をして頂いておりますので。この間はそれぞれが好きに意見をおっしゃって頂きました。次回からはまた相談をして、できるだけオープンにしていきたいと思っております。

オープンデータ認知度向上のためのロゴマークを発表

2015年1月27日に開催された第一回のクールジャパン戦略推進会議。稲田朋美前大臣時のクールジャパン推進会議は自由討議までメディア・一般人も傍聴可能だったのですが、大臣・副大臣挨拶までのメディア公開に留まりました。

※参考 「東京だけでなく全国で。地方の宝を掘り起こす」 クールジャパン戦略推進会議開催
http://getnews.jp/archives/791553 [リンク]

これについて、山口大臣は出席した有識者との調整の関係で一回目の自由討議が非公開になったと示唆しました。「できるだけオープンにしていきたい」とのことなので、第二回目以降どのようになるのか注視されます。

また、この日は内閣官房が取り組んでいるオープンデータの認知度向上のために作成されたロゴマークを山口大臣自らが発表しました。
同日開催予定の電子行政オープンデータ実務者会議では、自治体向けのガイドラインについて取りまとめて公表されることになっています。2014年に実施したアンケートでは、オープンデータに取り組んでいるのは99の自治体で6%に過ぎず、情報不足の解消や人材・財政支援が求められています。ロゴマークのデキはともかく、こちらの方も注目です。

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP