ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

興奮と感動の2日間! 『ラブライブ!μ’s Go→Go! LoveLive! 2015 ~Dream Sensation!~』ライブレポート

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


1月31日、2月1日、『ラブライブ!μ’s Go→Go! LoveLive! 2015 ~Dream Sensation!~』がさいたまスーパーアリーナにて開催された。μ’sは、新田恵海さん(高坂穂乃果役)、南條愛乃さん(絢瀬絵里役)、内田彩さん(南ことり役)、三森すずこさん(園田海未役)、飯田里穂さん(星空凛役)、Pileさん(西木野真姫役)、楠田亜衣奈さん(東條希役)、久保ユリカさん(小泉花陽役)、徳井青空さん(矢澤にこ役)の9人によるスクールアイドルグループ。ライブでは、TVアニメやアニメーションPVと同じ振付で踊りながら歌うパフォーマンスや、アニメから出てきたように気合の入った衣装や髪型などをキャストが演じているところが魅力として挙げられるだろう。また、ファンも応援するメンバーの色に合わせたペンライトを振り、お決まりのコールアンドレスポンスやサイリウムなどで一体感を味わえることもライブならではの楽しみ方だ。

昨年のライブで今回の開催が発表されてから1年間、待ちに待っていたファンも多いのではないだろうか。昨年の『ラブライブ!』は、1月にスマホゲーム『スクフェス』のコラボシングル『タカラモノズ』を発売、そして2月にライブを大成功に収めた後、4月にはソロアルバムのコレクションボックスが発売、そして待望のTVアニメ2期の放送が始まった。TVアニメ2期では“ラブライブ!”への挑戦を経てμ’sのメンバーが大きく成長した。10月からはPS Vita『スクパラ』から「Shangri-La Shower」が、11月から12月にかけて『スクフェス』コラボのユニットシングルが3枚リリースされるなど、『ラブライブ!』の世界も音楽も大きく飛躍を遂げた年であった。

そんな1年間の活動を経てパワーアップしたμ’sのライブを待ち望んでいたファンも多いことだろう。会場前物販にも長蛇の列が並び、おなじみのアイテムとなった9色を自在に操れる“ラブライブレード!”やTシャツ、マフラータオルなどのグッズを多くのファンがゲットしていた。ライブ会場に訪れることが叶わなかったファンたちもライブビューイングで参加、国内外含めて多くのファンがライブに参加していたのだ。

開場後も、場内を流れる『ラブライブ!』の様々な楽曲に合わせてコールを入れたり、“ラブライブレード!”を振ったりと開演前から待ち望んでいたライブへの想いを高めていく観客たち。ライブビューイングでは日本全国、さらには海外からも大勢のファンが気持ちを高めているうちに開幕した、μ’s 5回目のワンマンライブ2日目の模様をレポートする。

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/810545

『ラブライブ!μ’s Go→Go! LoveLive! 2015 ~Dream Sensation!~』レポート


1曲目はTVアニメ2期のオープニング『それは僕たちの奇跡』。隅々までファンで埋め尽くされたさいたまスーパーアリーナにμ’s9人が降臨した。アニメの衣装をそのまま再現した姿で登場したμ’sは、オープニングを彷彿とさせるような息のあった歌とダンスでライブ2日目をスタートさせた。そして2曲目の『僕らのLIVE 君とのLIFE』はμ’sが始まった思い出の曲。誰もが大満足の幕開けとなった。

お決まりのコール&レスポンスを交えた自己紹介を終え、3曲目は『夏色えがおで1,2,Jump!』。ペンライトを振りながらコールを入れるファンの熱気で冬とは思えないほどアツく燃え上がった。幕間ドラマをはさみ、みんなで合宿して作った次の曲へと進む。


TVアニメ2期第2話で、歌詞や衣装、音楽をみんなで協力して作り上げた『ユメノトビラ』では、アニメ同様の青を基調としたドレスを着て登場。白・水色・青という3種類の衣装で登場したμ’sは、作中の髪型も再現。矢澤にこ役の徳井青空さんもお団子ヘアにしており、アニメを彷彿とさせるステージに会場からも大きな歓声が沸いた。

そのままゲーム関連曲を2曲続けて披露。『スクフェス』楽曲の『タカラモノズ』では、トロッコに乗って移動しながらポンポンを振り上げて元気なダンスを披露。続く『スクパラ』よりノリノリのダンスミュージック『Shangri-La Shower』では、会場一体となって飛び跳ねるどこか懐かしい雰囲気すら感じた。アニメだけでなく、ゲームも人気の『ラブライブ!』ならではの選曲であるといえよう。


ここからはTVアニメ2期のBlu-ray特装限定版特典CDに収録された楽曲が続く。穂乃果のソロ曲である『シアワセ行きのSMILING!』では、車掌に扮した新田さんがトロッコに乗って会場をぐるり。観客のみんなをシアワセに連れて行った。


『ずるいよMagnetic today』は、西木野真姫・矢澤にこによるデュエット曲。ステージ後方のトロッコに登場したPileさんと徳井さんがツンデレな2人を演じながらパフォーマンスを披露した。


続く『くるりんMIRACLE』は、星空凛がかわいく変身するところを描いたような楽曲。元気いっぱいな飯田さんの歌声に「ミラクル!」の掛け声を合わせて、黄色いペンライトが揺れ動いていた。


『Storm in Lover』は園田海未と絢瀬絵里のクールな2人による激しい恋の歌。ラテンのメロディに乗せて、三森さんと南條さんがしっとりと、時に激しく歌い踊った。


続いては東條希の『もしもからきっと』。不思議でスピリチュアルな魅力を持つ希の優しい楽曲を楠田亜衣奈さんが丁寧に歌い上げた。曲間では、躍動感溢れるバレエダンスをたっぷりと披露し楠田さんファンのみならず目を奪われる優雅な時間となった。


最後は、南ことりと小泉花陽の『好きですが、好きですか?』。エプロン姿で登場した内田彩さんと久保ユリカさんの2人にもうメロメロだ。癒しの声が奏でる“新婚さんごっこ”の曲を、炊飯器やクッションを片手にドキドキ感たっぷりに唄い上げた。


続いて、TVアニメ1期の第1話で初披露された思い出の曲、『ススメ→トゥモロウ』を2年生の3人が熱唱。制服姿で登場した新田さん、内田さん、三森さんがアニメ映像そのままのダンスを堂々と披露した。


そして、2年生が不在のときに行ったライブで披露した『Love wing well』では、星空凛の成長を描いたストーリーに涙した思い出がよみがえる。会場に満ちた黄色い光に誘われてランウェイを歩き出す花嫁風の姿の飯田さんを優しくエスコートするのはタキシードをビシッと着こなした久保さん。美しい花嫁風の姿の飯田さんと、凛々しいタキシード姿の5人という貴重な姿に見惚れてしまうファンも多かったことだろう。


幕間ドラマを挟んで飛び出した楽曲は『Dancing stars on me!』。ハロウィンモチーフのこの楽曲は、センターの希を中心に使い魔や海賊などの様々な衣装で盛り上げる楽しいステージとなった。さらにこの曲では、曲が終わり暗転した後、センターに残った楠田さんにスポットライトが当たってこの日が誕生日であった楠田さんへのサプライズが行なわれた。ステージを巨大なケーキに見立てた演出に感動し思わず涙する楠田さん。ファンに向かって息を吹きかけ、ローソクに見立てたペンライトを消していくというチャレンジも成功し、忘れられない誕生日をみんなで演出した。

続いて、一足早いバレンタインプレゼント『もぎゅっと”love”で接近中!』から『そして最後のページには』へと続く。息のあったクオリティの高いダンスや、ちょっぴりしんみりした気持ちになれる楽曲に気持ちがさらに高まっていくのを感じる。

これまで発表してきたμ’sの楽曲を振り返る『ラブライブ! μ’s音楽の軌跡 Part1』がスクリーンに流れると、懐かしのあの曲からちょっとレアな曲まで様々な楽曲を鑑賞した。映像が終わると、あのイントロと共に会場が真っ白に染まっていった。


TVアニメ2期で改めて思い出深い曲となった『Snow halation』。新たに衣装も用意され、背景の映像とともに歌い踊るμ’sの姿に感慨深くなる。ラストの大サビでは、一瞬で白からオレンジへと変わる会場のサイリウムの美しさと静かに小雪の舞い散る演出に心から感動を覚えた。高まる感情をそのままに、ハイテンションな『Wonderful Rush』へと続く。センターを務める南ことりのカラーである白を中心に9人を応援する色とりどりのペンライトが会場を彩った。

最近の楽曲を振り返る『ラブライブ! μ’s音楽の軌跡 Part2』を終え、ライブで最高に盛り上がる楽曲『No brand girls』がはじまった。自分の壁をぶち壊すようなテンションで、サビの振り付けも完璧にこなす会場のファンたち。アンコール前最後の曲『KiRa-KiRa Sensation!』まで全力で駆け抜けた。

アツいアンコールを受けての新作アンコールアニメでは、メンバーと観客とのコール&レスポンスが行なわれた。普段はキャストと行っているものだが、アニメによる新鮮なやりとりにファンも大興奮。そしてアンコール開けに『僕らは今のなかで』が披露され、TVアニメ2期第12話さながらの展開にさらに盛り上がりは加速していく。『SENTIMENTAL StepS』でしっとりと幕を閉じた後、さらなるアンコールを受けて会場の熱気はとどまることを知らない。


2度目のアンコールでは、思わず笑顔がこぼれるような楽しい楽曲『Happy maker!』からスタート。ライブTシャツに着替えたμ’sの9人が弾けるような笑顔で再登場した。トロッコで後ろに移動して『Oh,Love&Peace!』、続いて今回のライブのテーマ曲である『Dreamin’ Go! Go!!』を続けて披露。最後まで駆け抜けるように勢いを増していくμ’sたちの姿があった。

感謝の気持ちをいっぱいに込めた『愛してるばんざーい!』を9人それぞれが思いを込めて丁寧に歌い上げ、ライブの締めくくりへと向かっていった。そして、ラストの1曲『どんなときもずっと』を会場含めた全員で合唱し、夢のような4時間は終演を迎えた。

こうして、『ラブライブ!μ’s Go→Go! LoveLive! 2015 ~Dream Sensation!~』は大盛況のうちに終了となった。次回のライブ開催決定や劇場版公開日の発表など、ますます盛り上がりを見せていきそうな『ラブライブ!』。今後の展開にも要注目だ。

ラブライブ!
http://www.lovelive-anime.jp/

srbnの記事一覧をみる ▶

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP