手軽に音楽を楽しめる『ペーパージャム』シリーズ ギターとドラムでセッションしてみた!

Pocket
LINEで送る

記者 : カテゴリー : 生活・趣味 タグ :

3つ揃うと格好いい!センチュリーの白箱.comが販売しているWowWeeの『ペーパージャム』シリーズ。“だれでも簡単に演奏できる楽器”というのが特徴で、ギターは6種類、ドラムも6種類、アンプは4種類販売されています。収録されている曲や、デザインなどが違うので好きな楽器を選べます。ギター、ドラムは本体内部にスピーカーがついているのでそれだけでも楽しめますが、アンプにつなげることで音量調整も可能で、屋外で楽しむこともできます。今回はこの『ペーパージャム』のギターとドラムを使い、自由にセッションしてみることにしました。

『ペーパージャムドラム』裏はこんな感じ早速触ってみます。記者は『ペーパージャムドラム』、先輩の周ニ郎探検隊さんは『ペーパージャムギター』です。ちなみに記者は音楽初心者、周ニ郎先輩は何年もバンドを組んでおりギターも演奏した事があるそうです。『ペーパージャムドラム』の見た目は、ドラムの写真が張ってあるプラスチックボードでした。『ペーパージャムギター』は一見本物のギターの形をしているものの、とても軽い。これならこどもでも気軽に扱うことができそうです。

『ペーパージャムアンプ』『ペーパージャム』シリーズには3種類の演奏モードがあります。ギターでは、内蔵の収録曲にあわせてストロークするだけで、原曲通りに音を奏でる『パーフェクトモード』。ストローク方法に応じて違うギター音を奏で、個性的な演奏を楽しめる『リズムモード』。そして、コードに合わせて自分の好きなように演奏することができる『フリースタイルモード』です。もちろん『フリースタイルモード』を選びます。

記者も今日からドラマーですとりあえず適当に押してみます。おぉ! ドラムの音と同じ音がします。シンバルを押すとシンバルの音、スネアドラムを押すとスネアドラムの音。楽器としては当たり前の機能ですが、なんだか嬉しくなります。楽しい! 音楽初心者の記者でも、簡単に叩くことができます。先輩にちょっとしたコツを教えてもらい、なんとなくビートを刻めるようになりました。……これで記者も立派なドラマーですか!? 

『ペーパージャムギター』こんなに薄いんです『ペーパージャムギター』の方は、少し複雑です。弦がないかわりに専用のコードがあり、そこを押さえながらストロークすることにより音を奏でます。押さえる方の手はリコーダーのような感覚です。本物のギターと押さえるフレットの位置が違うので、先輩は若干苦戦していたようですが、10分もしないうちにメロディを弾けるようになっていました。

流石先輩! そこに痺れる憧れる!そしてセッションです! 1人で遊ぶのも良いですが、やっぱり一緒にやった方が楽しさ倍増ですね。ここにボーカルがいれば完璧だったのに……。記者がリズムを刻み、先輩がメロディを奏でます。んっー、ロックンロール! セッションの様子は動画で見ることができます。(http://www.nicovideo.jp/watch/so12414229)

『ペーパージャム』シリーズは、誰でも簡単に、けれど本格的に音楽を楽しめるオモチャです。ギターは3480円、ドラムは3480円、アンプは1980円(それぞれ税込み)です。「音楽やりたいけど、楽器を買うお金は無い……」というあなた。『ペーパージャム』のギターとドラムでロックンロールしませんか?



白箱.com(sirobako.com)
http://www.sirobako.com/html/mainm.html

■最近の注目記事
キャラクター抱き枕を振り回して楽しむライブがある!
あなたは知ってる? 日本で2番目のアレ……
『ニコニコミュージカル』ワークショップってどうなのよ
え? これも駄目なの!? 女性に聞いた“男性のこんなファッションは嫌だ”
「島根にパソコンなんてあるわけないじゃん!」 Googleで「島根に」と検索したら……

樹堂

記者:

TwitterID: judo_o

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
Pocket
LINEで送る

関連記事
新着記事一覧

TOP