ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【速報】ホドロフスキー監督が新作を発表! 15日には自身が語るYouTube LIVEも

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


昨年23年ぶりの監督作『リアリティのダンス』を公開したアレハンドロ・ホドロフスキーが、なんと新作を発表! べルリン国際映画祭初日の2月5日(現地時間)に『エンドレス・ポエトリー』の製作発表を行いました。

【関連記事】「坐禅とは得るのでは無く捨てるもの」ホドロフスキー監督の説法&坐禅イベントに行ってきた
http://getnews.jp/archives/567286 [リンク]

『ホーリー・マウンテン』『サンタ・サングレ/聖なる血』などカルト的な人気を誇る、チリ出身の映画監督アレハンドロ・ホドロフスキー。漫画家・大友克洋氏と交流があると言われており、三池崇史監督の映画にコメントを寄せるなど、日本に対し造詣が深いと言われています。


『エンドレス・ポエトリー』はホドロフスキーの自叙伝『リアリティのダンス』を原作としており、映画『リアリティのダンス』では、チリの田舎町トコピージャを舞台に少年時代を描いていましたが、その続編とも言える今作では首都サンティアゴを 舞台に、青年時代のホドロフスキーと当時のアバンギャルドな詩人、アーティスト、パフォーマー、ミュージシャンなどとの交流を、現実とフィクションを織り交ぜたマジック・リアリズムの手法と構成で描いていきます。

チリ、日本、フランスの共同製作で、日本からは『リアリティのダンス』を配給したアップリンクが参加し、同社代表の浅井隆が共同プロデューサーを務めます。また。本作製作のためにホドロフスキーは今後自身の監督作を製作する会社サトリ・フィルムスを昨年末パリに設立。CEO をホドロフスキー、パートナーに本作のプロデューサー、ハヴィエル・ゲレロ・ヤマモトと浅井隆を据え、映画製作を開始します。

本作の撮影は7月からサンティアゴで行い、完成は 2016年2月の予定。製作資金の一部を2月15日よりクラウドファンディング「キックスターター」で募集。ホドロフスキー監督自身がインターネットを通じライブで製作発表を全世界に向けて発信。ホドロフスキー監督からのメッセージを見逃すな!

【ホドロフスキー、新作を語る!】
2月15日23時(日本時間))
YouTube LIVE:http://www.poesiasinfin.com/

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP