ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android を内蔵した1台2役のPCキーボード「OneBoard PRO+」が登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

内部に Android システムを備えた PC キーボード「OneBoard PRO+」が中国の EC サイト Taobao で発売され、海外で話題となっていました。OneBOX PRO+は、中国メーカー Acooo 社の製品で、スタンダードな PC 用キーボードのデザインを採用していますが、内部にAndroid 環境がビルトインされており、モニタと接続するだけで Android PC として、また、Windows PC に接続すればそれのキーボードとして利用できる 1 台 2 役の製品です。OneBoard PRO+ の SoC は Rockchip RK3288 1.8GHz クアッドコアで、2GB RAM、16GB ROM、Micro SD カードスロット、HDMI 出力端子、DVI 端子、ヘッドホンジャック、USB 端子 × 2(1 つはホスト対応)を搭載。ワイヤレス機能は Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0 に対応しています。筐体サイズは 332 x 178 x 40mm で、質量は 2.76kg となっています。キーボードにしてはかなり重たいです。性能はかなり高いようです。OneBoard PRO+ は 1,250 元(約 24,000 円) ~ 1,899 元(約 35,800 円)で販売されています。Source : Taobao


(juggly.cn)記事関連リンク
Xiaomiが2月12日にサンフランシスコでプレスカンファレンスを開催、米国市場への参入は発表しないらしい
スウォッチのスマートウォッチは2,3カ月中にも発表予定、モバイル決済機能を備えているらしい
HTC、HTC One(M7) Developer EditionのAndroid 5.0.2アップデートを開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP