ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

菅野よう子 東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」コンピ発売決定 高畑充希/西田敏行/イル・ディーヴォ/AKB48など全16ver収録

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 NHK東日本大震災プロジェクトの復興支援ソングとして2012年初頭に発表された「花は咲く」。数々のアーティストによって演奏され、様々なバージョンが作られてきた同曲のコンピレーションアルバムがリリースされる。

 震災のあと、嘆きや悲しみ、希望を歌うたくさんの楽曲が誕生。NHK東日本大震災プロジェクト復興支援ソングとして2012年初頭に発表された「花は咲く」のオリジナルバージョンは、宮城出身のクリエイター 岩井俊二が作詞、菅野よう子が作曲を手掛け、被災地出身、またはその地にゆかりの深い人々によって歌われた。

 今回発売が発表された本アルバム『NHK「明日へ」東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」コンピレーションアルバム ハナハサク』は、作曲者である菅野よう子自らが編曲した14バージョンを収録。フィギュアスケーター 羽生結弦のスケート演技とのコラボレーションで作られた指田郁也バージョン、アニメーション映像化された際に鈴木梨央が福島の子供たちの合唱と一緒に、2度目のアニメーション映像化の際にテレビ小説『ごちそうさん』でその歌唱力が話題となった高畑充希が歌唱したバージョン。

 優しいアコースティックギターの音色とともにゆったりと歌い上げる西田敏行バージョン、迫力のあるコーラスワークで魅せるイル・ディーヴォバージョンも収録。2013年NHK杯ではこのイル・ディーヴォバージョンにあわせて、フィギュアスケーター 荒川静香とジュニアスケーター達が美しい演技をみせたが、2015バージョンには会場の観客の歌も収録されている。

 なお、今作は3月4日リリース。この商品の著作権料、また売上の一部は、作詞・作曲者・花は咲くプロジェクト参加の皆様の厚意により、義援金としてNHK厚生文化事業団を通じて被災地に届けられる。

◎長野真一コメント
誰もが歌える歌を 「花は咲く」制作への想い
長野真一 NHK編成局編成センター・東日本大震災プロジェクト

「被災地支援のための“歌”を作ったらどうか」。
渋谷の放送センターの打合せ室でそんなアイデアが出たのは、2011年の9月ごろでした。
 震災直後にNHK東日本大震災プロジェクトが発足。私はその専任となり、日々、被災地支援のために何ができるか、考えていました。
支援ソングのアイデアには、当初疑問視する向きもありました。震災から半年。まだ毎日のように犠牲者の確認報道が流れ、多くの人々が避難所で過ごしていた頃です。
 被災地は、まだ歌を受け入れるような時期ではない。
 その時点では、確かにそうでした。しかし歌一曲を作るにも時間がかかります。震災一年のタイミングで放送を目指すのなら、判断が必要でした。
 「とにかくできることはやってみよう」。
 その日から、プロジェクトメンバーの間で、喧々諤々の議論が始まりました。
単に良い歌が放送に流れるだけでは、十分な支援とは言えない。歌が生み出す益金を被災地に送る仕組みを作ろう。曲想は、被災地に寄り添い、かつ長く歌い継がれるものにしたい。とすれば誰に書いてもらう? 誰に歌ってもらう?
 そうした議論だけで何か月も費やしました。そして決まったのが、被害の大きかった東北三県(岩手・宮城・福島)にゆかりのある方に書いていただき、歌っていただく、というスタイルでした。
 思いの強い皆さんの心を集めて、誰もが口ずさめる歌をみんなで歌う。歌手だけではなく、タレントやスポーツ選手にもお願いする。「誰かが歌う歌」ではなく、「誰もが歌う歌」にしたいという思いでした。
 詩・曲をお願いした岩井俊二さん、菅野よう子さんは、その期待に十二分に応えてくれました。そして歌っていただいた皆さん。ぎりぎりのタイミングでのオファーにも関わらず、多くの人が快く引き受けてくれました。
 多くの人の思いが一つになった歌。それが「花は咲く」でした。
 オリジナル版が完成した後、私の仕事は放送で流し、長く聞き続けてもらうことでした。色々なバージョンを作ることで、「誰もが歌う歌」をより具現化したい。ウィーン少年合唱団、イル・ディーヴォ。アニメ版も作り、子役の鈴木梨央ちゃん、女優でありシンガーでもある高畑充希さんにも歌ってもらいました。視聴者の皆さんに歌っていただいた動画投稿を紹介する「100万人の花は咲く」の企画もスタートしました。
 歌は静かに、そして着実に広まっていきました。
 そして震災二年目の冬。忘れられない光景に出会いました。
仙台で復興支援のイベントを実施した時のことです。AKB48のメンバーに「花は咲く」を歌ってもらうミニステージがありました。すぐに満員の皆さんの大合唱になりました。会場の一番後ろで見ていた私の隣で、お父さんに肩車された二歳くらいの女の子が、大きな声で歌っています。歌詞も何も見ずに、一心に歌っていました。
 この子は、震災の時に生まれていたのかな…。
「花は咲く」が「誰もが歌う歌」になった、と実感した瞬間でした。 
 まだ被災地の復興には長い時間がかかります。そのことを全国の人々に思い起こしてもらうために、これからも歌い継がれていくことを願っています。
(2015年1月)

◎アルバム『NHK「明日へ」東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」コンピレーションアルバム ハナハサク』
花は咲くプロジェクト arrangement by 菅野よう子
2015/03/04 RELEASE
収録曲:花は咲く 作詞:岩井俊二 作、編曲:菅野よう子
01.花は咲く 羽生結弦バージョン /vocal 指田 郁也
02.花は咲く FLOWERS WILL BLOOM~Hana wa Saku~ /vocal Melba Ramos
03.花は咲く オルゴールバージョン
04.花は咲く /vocal 高畑充希
05.花は咲く FLOWERS WILL BLOOM /vocals イル・ディーヴォ
06.花は咲く ピアノバージョン /piano 菅野よう子
07.花は咲く /vocal AKB48岩田華怜
08.花は咲く /vocals Members from The Little Singers of Tokyo
09.花は咲く ~雪の夜 /piano 菅野よう子
10.花は咲く /vocal 西田敏行
11.花は咲く /vocals ウィーン少年合唱団
12.花は咲く アニメバージョン /vocal 鈴木梨央 
合唱:福島県双葉郡大熊町立大野小学校合唱部の皆さん
13.花は咲く /vocals 花は咲くプロジェクト
14.花は咲く~2015  /vocal 小貫岩夫  演奏 ウィーン・オペラ舞踏会管弦楽団
15.花は咲く(オリジナルカラオケ)
16.花は咲く FLOWERS WILL BLOOM ~Hana wa Saku~(オリジナルカラオケ)
全16曲74分収録
※この商品の著作権料、また売上の一部は、作詞・作曲者・花は咲くプロジェクト参加の皆様の厚意により、義援金としてNHK厚生文化事業団を通じて被災地に届けられます

関連記事リンク(外部サイト)

Aimer 菅野よう子とのタッグで“ノイタミナ”アニメ『残響のテロル』EDテーマ担当
やくしまるえつこ 待望の新作は菅野よう子編曲のアニメEDテーマ入り
高畑充希 大森南朋を「うちの飼い犬に似ている」CMでカンヌ映画祭出品切望

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP