体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

死霊館の呪いの人形“アナベル”が『山口敏太郎の妖怪博物館』を偵察 ここで見られるオカルトな品々とは?

main

2月28日に待望の日本公開を控える映画『アナベル 死霊館の人形』。今作に登場する呪いの人形アナベルは、米コネチカット州のオカルト博物館に収蔵され、定期的に神父の祈祷を受けている実在の人形をモチーフとしている――。

そんな今作だが、実際に撮影に使われたアナベル人形が現在来日中。どうやら彼女は、東京・お台場デックス東京ビーチにある『山口敏太郎の妖怪博物館』にとても行きたがっているらしい。通だな。

youkai

ということで、アナベルちゃん来ちゃった。

すべての画像が表示されない方はこちら[ホラー通信]

東京・お台場『山口敏太郎の妖怪博物館』

作家でありオカルト研究家である山口敏太郎さんが運営する『妖怪博物館』は、氏が保有する様々な“いわくつき”の品々や、世界各国のオカルトなアイテムを展示している民族博物館だ。

今回は特別に、山口敏太郎さんご本人にそれぞれのアイテムを解説してもらうことに。やったね、アナベル!

anna_price

団体で入ると入場料が安いことに気付いたアナベル。たまたま『妖怪博物館』に遊びに来た少年たちの仲間のふりをし、一緒に中へ。

s-IMG_7592

アナベル「おじゃましまぁ~っす」

秘密結社 フリーメイソン

山口「ここではフリーメイソンの関連アイテムを展示しています。未来を予言するイルミナティカードもありますよ。みんな、フリーメイソンって知ってる? アナベルちゃんはアメリカ人だから知ってるよね」

s-IMG_7538

アナベル「知ってる知ってる~ あたりきよ」

free

アナベル(知らなかった……)

人が死にまくる呪い面

山口「これは京都のお寺に封印されている“呪い面”。実物はあんまり人が死ぬんで、こちらには写真を展示してます」

mask

山口「日本の呪いの面と、アメリカの呪いの人形が夢の共演ですね。猪木とハルク・ホーガンの共演みたいなもんですね!」

mask2

アナベル「あたしが……ハルク・ホーガン……?」

幸運の象徴 ツノウサギ

山口「これは米ワイオミング州のツノウサギの剥製です。カウボーイのあいだで幸せのアイテムとされていて、ツノウサギのミルクを飲むと病気が治るとか、いろんないわれがあります」

tsuno

アナベル「人を幸せにするなんて偉いわ。あたしはどんどん不幸にしたいタイプよ」

1 2次のページ
レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。