ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Nexus 9用のFranco.Kernelがリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Francisco Franco 氏が Nexus 9 用のカスタムカーネル「Franco.Kernel」をリリースしました。待望の Franco.Kernel が Nexus 9 でも利用できるようになったのですが、作者である Franco 氏は、同カーネルが FKUpdater アプリには公式にサポートされておらず、現時点では今後も公式に対応させる予定はないと述べています。また、カーネルのアップデート版も他の機種並みに提供するつもりはないとも述べています。この理由については、作業をする時間がないことと、そもそもタブレットにはさほど興味が無いことを挙げています。Nexus 9 用の Franco.Kernel は boot.img として配布されており、Fastboot コマンドを利用することで導入できます。Flashable な ZIP ファイルは期待しないでと仰っています。リリース版「boot-r1.img」では次のような改変が行われています。全般的なタブレットパフォーマンスの改善(アプリアイコンをタップしてから 2 秒かかって起動する現象などに対処)端末暗号化済みの Nexus 9 における動作パフォーマンスの向上(特にリード・ライト I/O 性能を改善)タッチイベントに応じて CPU がブーストする仕組みをインテリジェント化することでバッテリー消費量を抑制デフォルトガバナーを「Conservative」に変更(これの方が CPU コアの立ち上がり / 下がりの挙動が良いとされています)Source : Google+


(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile、台湾で「Xperia T2 Ultra」新色“ローズゴールド”を発表
Micromaxがインドスマートフォン市場でSamsungを抜きトップに立つ
NTTコミュニケーションズが光回線サービス「OCN 光」を発表、OCN モバイル ONEの利用料を割り引く「CON 光モバイル割」も提供

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP