ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

常識が変わる?!従来の電池より10倍もつ!超速度の充電を可能にするバッテリー しかも低コスト

DATE:
  • ガジェット通信を≫

テクノロジー、モバイルデバイス隆盛の現在、電池切れの問題はどうしても切り離せない。普通のバッテリーは充電するのに長い時間がかかり、しかも2、3年すると機能が悪くなり、交換しなくてはならなくなる。

超速度の充電、バッテリーは20年もつ

そんな問題を解決しようと、世界各国でさまざまな研究がなされているが、Nanyang Technology University(NTU)が研究を進めている技術は、大きな飛躍につながる可能性がある。超速度での充電および20年のバッテリーライフを実現しようという試みだ。

二酸化チタンを使った新素材

NTUのMaterials Science and Engineeringに所属するChen Xiaodong氏を中心とした研究チームでは、従来のリチウムイオンバッテリーによく使われている黒鉛の代わりに、電極の素材として、二酸化チタンからつくられるゲル状物質を導入した。二酸化チタンは安全な素材で、かつコストもかからず、土壌から簡単に入手できるのが大きな強み。これは食品添加物や、日焼け止めの紫外線吸収剤としてよく用いられる。

二酸化チタンをバッテリーに使用できるよう、研究チームでは元来は球形の物質を、ナノチューブ状に変換。この素材は、人間の髪よりも薄いというから驚きだ。ナノチューブ状にすることで、バッテリー内の化学反応速度が向上し、おかげで充電速度が飛躍的に速くなるのだという。

2分で70%の充電が完了

このバッテリーは約2分で70%の充電が完了する上、従来のバッテリーに比べ、2年どころかそのおよそ10倍にあたる20年以上、電池の機能を持続させるというスグレモノだ。もちろん、モバイルデバイスなどの充電に有用だが、もっと大きなものの充電にも活用できるだろう。

電気自動車など、より大きいものにも活用を

このところ一般でも目にするようになった電気自動車だが、自動車のバッテリー交換の際、時には5千ドルもの大金が必要となり、非常にコストがかかる。また、毎晩のように車を充電する手間も要求される。

研究チームでは、より大きいバージョンのバッテリー開発に着手しており、もしこの研究が順調に進めば、電気自動車のようなより大きな対象の充電において、これまでよりずっと短い時間で充電が完了できるだけでなく、はるかに長持ちするバッテリーを使用できるようになる。さらなる電気自動車の普及に寄与する可能性もあるだろう。

有毒な廃棄バッテリー問題にも貢献

さらに、老朽化したバッテリーの廃棄数が減れば、有毒な廃棄物問題の解消にもつながる。いいことづくめの期待の新技術、実用化が待たれる。

Nanyang Technology University

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP