ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony SmartEyeglass(SED-E1)がFCCの認証を取得

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony のメガネ型 AR デバイス「Sony SmartEyeglass」が 2 月 2 日付で FCC の認証を取得しました。SmartEyeglass については、今年度内に開発者向けに発売される予定が既に発表されているのですが、この時期に FCC 認証を取得したことは、少なくとも米国ではもう発売できる状態だと考えられます。認証情報によると、SmartEyeglass の型番は「SED-E1」です。FCC ラベルの図面には「SmartEyeglass」とプリントされているので、この名前で販売されると思います。SmartEyeglass は、Wi-Fi b/g/n(2.4GHzのみ)、Bluetooth BDR/EDRの周波数帯で認証を取得しています。別の資料では、CPU の最大クロック数が 810MHz と記載されています。Source : FCC


(juggly.cn)記事関連リンク
中国でまたまた“世界最薄スマートフォン”が発表、Coolpad ivvi K1 miniは4.7mm厚の4.7インチスマートフォン
LG G4とみられる「LG-H811」が早くもWi-Fi Allianceの認証を取得
Meter : Android Wearの光センサーを活用したデジカメ撮影用の“露出計”アプリ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP