ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アメリカの屋根の雪下ろし作業が楽しそう 何このハイテクツール!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


北日本を中心に大雪が続いています。この時期、雪国の人を憂鬱にさせるのが、屋根に積もった雪の雪下ろし作業。寒い中、かなりの重労働だからできればしたくないけれど、かといって放置しておくと雪の重さで家が潰れるかもしれないし……。

そんな雪下ろしを少しだけ楽しい作業に変えてくれるかもしれない魔法のような雪下ろしツールがあるようです。屋根に積もった雪の下にシート状のヒラヒラが付いた箱を差し込むだけで、雪の塊がシートの上をスルスルっと滑り落ちていきます。何これ不思議!

gif動画:
https://i.imgur.com/CUbb0Ou.webm[リンク]


動画を見た人たちの反応

・なんかずっと見続けちゃうw
・あと30秒長いgifでくれ
・素晴らしい発明だな!
・これか[リンク]
・自作してる人もいる[リンク]
・もし1つ持ってたら、近所の家の雪下ろしまでやってやんよ!
・雪のあるところに住みたくなる
・カナダ人の俺に3本くれ!
・カリフォルニア住みけど、これって必要なの? 引っ越せよ
・フロリダ住みだが、なんでこんなことしてるの?
・オーストラリア人だけど、その白いものは何?
・雪が寒さを遮断してむしろ暖房費が浮きそうだし、そのままにしとけばいいのに
・放っておいたらお前の上に屋根が落ちてくるわけだが
・「バイキングスーパードーム崩壊」でググれ
・こいつらを雇えよ[リンク][リンク]

雪の降り方次第で毎日しなければならないこともある屋根の雪下ろし作業。大きなスコップか熊手のようなもので掻き下ろすのが日本の雪国で見られる一般的なスタイル。それに対してこの雪下ろしツールは、積もった雪の下にシートを差し込んで滑り落とすタイプ。

どうやらこのアイデアは『Avalanche!』という製品がオリジナルになっているようです。同社のホームページを見てみると、「人間工学に基づいたデザインにより最小限の労力で済み、伝統的な熊手を使った作業に比べ、数分で完了する」としています。宣伝文句なのでいくらかの誇張はあるにせよ、見た目は熊手を使った作業に比べると断然楽しそう。ユーザー評価も上々です。

『YouTube』には、アルミニウムの骨格とプラスチック製の袋で同様のツールを自作している人もいました。ヒラヒラのシートに何か秘密が隠されているのかと思いきや、実はビニールシートならなんでもいいのかも? 日常的に使うありふれた製品も、発想の転換による改良の余地がまだまだ残されているということでしょうか。

画像とソース:imgur.comより引用
https://imgur.com/gallery/CUbb0Ou[リンク]

※この記事はガジェ通ウェブライターの「ろくす」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP