体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【試食レビュー】福島発『喜多方ラーメンバーガー』食べたよー!

喜多方ラーメンバーガー

みなさんは『喜多方ラーメンバーガー』をご存知だろうか?

その魅惑に満ちた情報をゲットするまで、編集部では誰一人として知らない未知の食べ物、それが『喜多方ラーメンバーガー』であった。無類のラーメン好きな記者はメーカー協力のもと、早速実物を手に入れることができた。

ご当地グルメとしても謎だらけのこの食べ物、一体どんな味がするのだろうか……。ちなみにこの『喜多方ラーメンバーガー』、販売元は喜多方ラーメンでもおなじみの福島県。喜多方市にある「道の駅喜多の郷」のレストランにて販売されている。なおラーメンバーガーそのものは、東京のラーメン店『バサノバ』で開発された『環七めんバーガー』が開祖と言われている。

さて、実際に届いたモノは『麓山高原豚 喜多方ラーメンバーガー』と『会津地鶏 喜多方ラーメンバーガー』の2種類だ。
※以下に写真が表示されていない場合は、元記事の写真と一緒にお楽しみください

ラーメンバーガー2種

密封された冷凍状態で鮮度が保持されている。中を開けて見ても、凍ったラーメンのかたまり?があるばかり。

冷凍状態

調理方法は、次のように書かれていた。

電子レンジの場合
紙の包み紙に入れたままで片面3分から5分程度、両面を加熱してからお召し上がりください。
加熱時間は好みの熱さになるように調節をしてください。
お好みによりねぎを挟んでいただきますと、風味が増していっそう美味しくいただけます。

なるほど、電子レンジだけでOKのようだ。ネギ推奨、ということなので長ネギを刻み、白髪ネギも準備しておく。

ネギ

さっそく凍ったままの『ラーメンバーガー』を2個、レンジに入れて加熱。

レンジ1 レンジ2

今回は片面4分ずつでちょうどいい熱さまで温められた。つうか、ちょっと熱い。興味津々の編集部員たちは「なんですか?」「お好み焼き?」と集まってきた。

『麓山高原豚~』の方は、かなり肉厚な豚の角煮が入っている。なお麓山高原豚は、福島県内の指定農家によって生産された豚のことだそうだ。安全かつ上質な肉質を売りとしているようだ。

あけたところ 豚角煮

『会津地鶏~』の方には、スライスされたもも肉と見られる鶏肉がサンドされている。

会津鶏肉

いずれにもしっかりとしたメンマや、ナルトが入っているのでかなりのラーメン感満載な食べ物だ。

1 2次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。