ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

世界初! 専用メガネなしで3D映像が見られる液晶テレビ『グラスレス3DレグザGL1シリーズ』が発売へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

20V型『20GL1』

東芝は、専用メガネなしで3D映像を視聴することができる液晶テレビ『グラスレス3Dレグザ(REGZA)GL1シリーズ』、20V型『20GL1』と12V型『12GL1』の2機種を12月下旬に発売します。専用メガネなしで3Dを見られる民生用デジタル液晶テレビは、これが世界初となります。価格はオープンです。

今回発売を発表した『グラスレス3DレグザGL1シリーズ』は、インテグラルイメージング(光線再生)方式を採用。これは光線の軌跡を制御する方式で、視聴位置に応じて、位置や角度が異なる複数の映像を同時に映し出します。これにより、左右の目で異なる映像を捉えることができ、専用メガネを必要とせずに立体映像を認識することができます。9方向から見た画像データを使い、9つの映像をリアルタイムに生成し、液晶パネルから垂直レンチキュラーシートを通して映し出すことで、高画質3D映像を見ることができます。

9つの映像を表示することにより裸眼での3D視聴を可能とします

20V型『20GL1』では、フルHD映像の約4倍の総画素数である約829万画素を持つ液晶パネルを採用し、バックライトには、1440個のLEDを液晶直下に配置しています。高性能プロセッサ『Cell Broadband Engine』と新開発の多視差変換LSIを搭載した『グラスレス3D専用CELLレグザエンジン』の高速な演算処理により、シャープな3D映像を映し出してくれます。12V型『12GL1』は、3D専用RGB配列の総画素数約147万画素と9視差映像描画に対応しており、466×350画素の映像表示を可能にしたLED液晶パネルを搭載しています。『グラスレス3D専用レグザエンジン』により、3D映像を生成しています。

12V型『12GL1』

今回発売するのは20V型と12V型のみですが、これから大型テレビでも発売していく事が予想できます。専用メガネが必要ないので、何人でも楽しめる世界初のテレビ『グラスレス3Dレグザ(REGZA)GL1シリーズ』。これからが3Dテレビの“本当の買い時”かもしれません。

■関連記事
シリーズ最小・最軽量の『ThinkPad Edge 11”』
『Let’snote』秋冬モデル ジャケットスタイルで処理速度向上の10.1型ノートPC『J9シリーズ』発売へ
薄型軽量で連続約6時間駆動! ASUSからモバイル・サブノートPC『UL20FT』発売へ
無料で体験できるドコモの電子書籍トライアルサービス 期間限定で提供へ
SDカードにラジオを録音・再生できる『ラジレコ R-6』

樹堂の記事一覧をみる ▶

記者:

TwitterID: judo_o

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。