ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アニメの名シーンを1億円で再現!? クラウドファンディング『ロンギヌスの槍を月に刺すプロジェクト』募集スタート

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

1995年の初放映から20周年を迎えた『新世紀エヴァンゲリオン』ですが、作中に登場する”ロンギヌスの槍”を、ホントに月面に突き刺すことを目指したプロジェクトがスタート。必要となる資金1億円はクラウドファンディングサービス『READYFOR』で募集することになり、2015年1月30日から4月5日23時までの65日間で目標金額に到達した際には、2015年末から2016年末の間に月への打ち上げが敢行されることになります。

今回のプロジェクトは、月面無人探査コンテスト『Google Lunar XPRIZE』に日本から唯一参加している民間宇宙開発チーム『HAKUTO』(ハクト)が全面協力。その月面探査を行うタイミングに合わせて、240mmサイズの”ロンギヌスの槍”を月面に放出する計画。ランダー(月着陸船)を搭載したロケットをアメリカから打ち上げ、月に向かう途中で分離。ランダーの月面ペイロード放出機構より槍を放出します。

2015年1月30日に渋谷ヒカリエで開かれた発表会に登場した『HAKUTO』のチームリーダー・袴田武史さんは「宇宙開発は国がやるものと思われがちですが、ここ十年で民間も参入しています。『HAKUTO』は18チームが参加している『Google Lunar XPRIZE』でも上位5チームに入っています。このプロジェクトでは槍が刺さる瞬間を、高画質な画像でお届けしたいと考えています」と意気込みを語ります。

アニメがモチーフを含めて月に到達するという史上初の試みに、原作・総監督の庵野秀明さんは下記のようなコメントを寄せています。

空想、妄想の世界を描いたアニメ作品の表現が、現実の世界で本気の遊び、エンターテイメントとして再現される計画に、驚きと喜びと感慨と深い感謝を覚えます。成功を祈ります。

発表会には、タレントの加藤夏希さんと宇宙飛行士の山崎直子さんが出席。

大の『エヴァ』ファンでもある加藤さんは「アニメの名シーンが実際に行われるのが感動ですね。成功したら教科書に入れてほしい!」とコメント。

一方、山崎さんは「地球の重力に勝って打ち上げるには、かなりエネルギーが必要。1kgのものを運ぶのに1億円強かかります。月は日本人が愛でる対象でもあり、民間で月着陸させるのはすごい試みです」とプロジェクトの意義を強調していました。

クラウドファンディングで支援が募集されるこのプロジェクト。1万円のコースでは山下いくとさん・松原秀典さんによる描き下ろしポスターがリターンとして用意。5万円のコースは月に刺す”ロンギヌスの槍”本体に名前をレーザー加工刻むことができ、10万円のコースでは月面に刺す槍の同型のレプリカが贈られる予定。さらに1000万円のコースもあり、『エヴァンゲリオンと日本刀展』特別協力の刀匠・三上貞直氏の手による”ロンギヌスの槍”を所有することができるとのこと。

加藤さんは、最後に「募集期間は65日しかないから、悩んでいる暇はありません! 自分のお財布から”サービス、サービスぅ”して、支援して欲しいです!」とミサトさんのセリフを交えてアピール。実際に1億円を集めることができるのか、『エヴァ』ファンならずとも注目です。

エヴァンゲリオン20周年ロンギヌスの槍を月に刺すプロジェクト (READYFOR)
https://readyfor.jp/projects/evangelion

(C)カラー

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP